あなたの症状やご要望にぴったりのあん摩マッサージ指圧・鍼灸治療を行っている国家資格治療院をお探しなら治療院コンシェルジュ!(対応地域:石川県)

対応エリア拡大中、石川県
お問い合わせ
0120-967-345
平日 9:00~19:00
治療院コンシェルジュからのご紹介で初回500割引き。(治療院につき一回限り、¥2000円以上の治療が対象)ご来院時に「治療院コンシェルジュから」とお伝え下さい。

マッサージやはりきゅうを受けたい人のための
コンシェルジュコラム

そもそも治療院って何??

 

284817

saved-iwataこんにちわ。治療院コンシェルジュの岩田真人です。

人間というものは不思議なもので、自分が当たり前だと思っていることには、なかなか気が付きづらい「盲目の法則」というものがあります。

特に、自分の専門分野では、当たり前すぎることは更に盲目になりがちですよね。

例えば、車屋さんであれば、

「タイヤはゴムで出来ている」や「軽自動車のナンバーは黄色」などでしょうか。そんなことは当たり前すぎて、議論にもなりませんよね。

そんな僕もご多分に漏れず、盲目の法則に引っかかっておりました。

それは、

「治療院ってなんのこと?」という根本的な質問をたびたび受けていたということです。

僕は、治療院コンシェルジュを名乗っていますので、そんな当たり前すぎる質問はすべて自動的に返してしまっており、全く頭に残っていなかったのです。

しかし、「治療院とは何なのか?」という問いを抱いている人からすれば、僕は一体何者に見えていたのでしょう・・・

治療院とは・・・

一般的に治療院とは、はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師という国家資格者がいる施術所を差します。

整体、ボディケア、リフレクソロジー、ツボ押し、リンパケア、ボディリラックス、気功整体、タイ式、アロママッサージ、フットケア、リンパマッ サージ、トリートメント、癒し、カイロプラクティック、リラクゼーションマッサージ、ツボ整体、ボディセラピスト、クイック、エステ、足ツボなどは、民間資格(無資格)となりますので、治療という言葉を使用すること法律で禁じられております。

そして、柔道整復師という国家資格者がいる施術所を接骨院や整骨院と言います。

ですので、

治療院とは、鍼灸マッサージ院のことを差します。

※但し、はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師でも、単に「○○治療院」、「○○治療所」など、医療機関と紛らわしい名称はグレーになっております。ですので、「○○鍼灸治療院」や「○○マッサージ治療院」という名称が一般的です。

治療院とは、治療をする場所ですので、東洋医学や西洋医学の知識をしっかりと持ち、解剖学や生理学など身体のことをしっかりと習得した医療従事者が医療の一部を行う所です。

ですので、病院以外で治療ができるのは、治療院(と接骨院)のみになります。

病院に行くほどでもない症状やどこに行っても良くならない症状、近くに通える病院がない場合などに利用するのが治療院であったり、接骨院の存在意義なのです。

ですので、

治療院=鍼灸マッサージ院

ということを覚えておいてください。ですので、僕は、鍼灸マッサージ院のコンシェルジュです。

インターネットで、国家資格を持ったプロの選ぶ場合には”治療院 ○○市”などと検索することをお勧めしますよ。

石川県金沢市、白山市、内灘町、小松市、能美市で治療院をお探しでしたら、治療院コンシェルジュをご活用ください。

内くるぶしが痛い!※お父さん、お母さんは必読【RUNはり灸接骨院 コラム】

 

all

p_onodera コラム用こんばんわ。市民ランナーの悩みを解決する「RUNはり灸接骨院」の小野寺 智です。

スポーツをされているお子さんをお持ちのお父さん、お母さんは必読のコラムです!些細な症状でも重篤な病気になる可能性がありますので。

ここ数日、同じような症状の患者さんが続けて来院されたので、簡単に紹介させて頂きます。

足の内くるぶし付近が痛いと訴え、来院された患者さん。(※二人とも学生さんです。)

結果を初めに言うと、一人は後脛骨筋腱炎、もう一人は、第一ケーラー病。

※第一ケーラー病は整形外科にて診断。

私は初め外脛骨障害かなと思いました。

この聞きなれない二つの病名、どちらも足の内くるぶし周辺に痛みがあります。

二人に共通していることは、

ローアーチ(扁平足、土踏まずが潰れている状態)

と言っても、体重を乗せない時(椅子に座って足をブラブラさせている時)は、土踏まず、アーチはしっかりあるのですが、体重が乗ったとき、ジャンプ後の着地時などでは、土踏まずが潰れてしまうのです。

その旨を説明すると・・・

意外に本人も、その親御さんも

「エッ!扁平足!?」

という反応。

この仕事をしていると、よくある患者さんの反応パターンです。

治療方針は、

・痛み症状を緩和させる為の治療

・根本原因の解決→アーチを復活させるための治療・・・というか指導

扁平足も個性といえば、個性なのですが・・・やはり怪我のリスクは高まります。放っておいても、何も障害なく過ごす方もいらっしゃいます。

扁平足やアーチが下がることでリスクを高める障害の一例

・後脛骨筋腱炎

・三角靭帯損傷

・有痛性外脛骨

・第一ケーラー病

・足底腱膜炎

・長母趾・長趾屈筋腱炎

・シンスプリント

などなど

こんな聞きなれない病名が並ぶと怖いですね・・・

うちに来院された方々もそうですが、ほとんどの方は、症状が出てから病院や接骨院探しをします。中には完全治癒に1年以上かかるものもあります。

子供、学生時代の1年は長いですよ。スポーツしている子なら尚更です。

まだお子さんが小さい場合、自分ではほぼほぼ分りません。

お父さん、お母さんには、何気ない子供のしぐさや癖を気にしてもらいたいですね。

自分のタイプや癖を予め知って、事前にケアして予防することが大切ですよ。

RUNはり灸接骨院
金沢市泉2丁目3-1
【市民ランナーのためのケアの専門家がいる鍼灸接骨院】
http://www.ahk-concierge.com/ahk/run-hari/

廃用性の法則

 

56b46283adfcf2ee5339f7c8475c8aee_s

saved-iwataおはようございます。治療院コンシェルジュの岩田真人です。

先日、約半年ぶりにランニングをしてみたのですが、たった6キロ程度走っただけで足が動かなくなってしまいました。たった数カ月でこんなに衰えるものかと驚愕です。人間の衰えってハンパないですね。

廃用性の法則

”廃用性の法則”と言うと難しく感じますが、早い話、使わないと衰えるということです。もちろん、肉体の運動機能だけではなく、精神の認知機能もそういう傾向にあります。

この機能は、使わないところは切り捨てることで、生物の生存可能性を高めるためにプログラムされた重要な環境適応能力なのですが、現代社会は、環境が豊かになりすぎて、間違った方向にも適応できてしまう恐ろしい環境です。

怠惰で働かなくても、最悪、国が守ってくれます・・・が、幸せとは程遠い生活を強いられます。

体力を付けなくても、移動手段はたくさんあります・・・が、病気がちになり、挙句の果てには寝たきりになります。

脳機能を使わなくても、パソコンが担ってくれます・・・が、考えなくなり認知症になります。

ですので、現代社会は、

間違った廃用性の法則を乗り越えられる人だけが栄える

という構造になっております。いわゆる、人生を謳歌するには、

廃用性の法則との戦い

に打ち勝つ必要があるのです。

そんな、廃用性の法則に打ち勝つために、日頃から心身を鍛えておく、心身のバランスを整えておく必要がございます。

現在社会は、ストレスによる自律神経の失調により、更なる廃用性が誘発されますので、

適度な運動、穏やかな日常生活、楽しいお出かけ、エネルギーに満ちた働き、メンテナンス(未病治)

が重要だと思っております。

いわゆる、家庭と仕事と心身のメンテナンスをしっかり意識するということです。

心身のメンテナンスには鍼灸マッサージ治療院が最適

自律神経のバランスの乱れによる不調は、病院に行くほどでもない不調として現れますが、非常に深刻な心身状態になっている場合が多いです。

ぜひ、かかりつけの鍼灸マッサージ治療院を作って、定期的なメンテナンスをするようにして下さいね。

石川県金沢市、白山市、内灘町、小松市、能美市でかかりつけの鍼灸マッサージ治療院をお探しでしたら、治療院コンシェルジュをご活用ください。

鍼灸院のかかり方⑨:良い鍼灸院を見つけるには?【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸院のかかり方⑨

p_nakada コラム用

こんにちは。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

「鍼灸院のかかり方」について、以下のコラムを連載してきました。

鍼灸院のかかり方①:病気になったら・・・
鍼灸院のかかり方②:どこの鍼灸院にいく?
鍼灸院のかかり方③:受付では何をするの?
鍼灸院のかかり方④:問診
鍼灸院のかかり方⑤:診察 医学的検査
鍼灸院のかかり方⑥:診察 東洋医学的検査
鍼灸院のかかり方⑦:注意すること、してはいけないこと
鍼灸院のかかり方⑧:治療方針と治療計画

今回は”良い鍼灸院を見つけるには?”について書いてみたいと思います。

治療院探しは口コミ⇒インターネットの時代

今ではインターネットが普及し、スマートフォンやタブレット端末など出先で利用できる便利なガジェットを使う方が増えていますので、治療院を検索するのに面倒なことはないでしょう。

これまでは治療院選びはほとんどが口コミでした。治療に訪れた方が「あそこの鍼灸院はいいよ」「ひどかった腰痛がいっぺんで治ったからあなたも行ってみれば」など、どなたかの紹介で訪れるというのが一般的でした。

それからタウンページで自宅近くや会社近くの治療院を探して電話するなど。最近ではタウンページもインターネットになっていますね。

患者様目線のインターネットサービス 治療院コンシェルジュ

この治療院コンシェルジュもその一つです。北陸限定で現在は石川県メインですが、どんどんエリアを拡大していくでしょう。この治療院コンシェルジュの特徴は、”治療院受診の敷居を低くした”ことです。それはどんな治療者がどんな治療をしているかを細かく伝えてくれているところです。

例えばグーグルで「金沢市 石川県 鍼灸院」と検索してみてください。

ホットペッパーやエキテンなど大手のポータルサイトが上位にランクされます。そこでそれぞれの治療院を見てみると、ウェブ検索結果が写真とともに表示されます。その情報はその治療院のホームページやフェイスブックページを孫引いているだけです。

治療院サイドが”有料サービス”に加入していれば別途記事が出る仕組みです。

これらはすべて治療院からポータルサイトへの一方向の情報提供であり、独自性はありませんので、患者目線に立っているとはいえません。

治療院コンシェルジュはこれらのポータルサイトの特徴に加えて”突撃取材”が掲載されています。実際に体験する姿勢は、患者サイドにたった今までない取り組みで、その治療院をもっと具体的に知る良い方法といえます。

それに加えてどんな治療が得意なのか、先生はどんな人なのか、室内の様子はどうか、清潔感がるかなど、事細かにレポートしています。

多様性のある鍼灸院を乗り越えるには?

患者さんからすれば、自分の病気が鍼灸で治るのかどうかが一番の問題です。そのために通院しやすいかどうかとか、対応や設備に問題ないかなどの二次的な要因が絡んできます。

鍼灸治療はどこに行っても同じ治療を受けられるとは限りません。多様性があります。それは多分、治療者側の問題であって、患者さんの問題ではありません。

インフルエンザになったとき、どの病院にっても同じように検査をし、タミフルなどが処方されます。もちろん多少の違いはありますが、それも標準的な治療に含まれたバリエーションです。漢方薬が出ることもありますね。

こと鍼灸治療に関してはそういった標準的な治療方法が決まっていません。よく言えば個性的、悪く言えばなんでもありでほんとうに効果が期待できるのかが怪しい。そういった不安をお持ちの患者さんによく出会います。

そういった意味で、

コーディネーターの役割は、良い鍼灸院を見つけるのに必要不可欠なのかもしれませんね。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

1 / 512345