あなたの症状やご要望にぴったりのあん摩マッサージ指圧・鍼灸治療を行っている国家資格治療院をお探しなら治療院コンシェルジュ!(対応地域:石川県)

対応エリア拡大中、石川県
お問い合わせ
0120-967-345
平日 9:00~19:00
治療院コンシェルジュからのご紹介で初回500割引き。(治療院につき一回限り、¥2000円以上の治療が対象)ご来院時に「治療院コンシェルジュから」とお伝え下さい。

マッサージやはりきゅうを受けたい人のための
コンシェルジュコラム

養生健康コラム⑯:アンチエイジング トレーニング

 

養生健康コラム⑯-1

50nomura

おはようございます。【はりきゅう5治療院 有松店】 の鍼灸師・漢方養生指導士 野村 絵里です。

「野村 絵里の養生健康コラム」ということで、あなたの健康生活のお役に立てるような養生法や健康法について紹介しております。(今までのコラム↓)

養生健康コラム①:季節養生

養生健康コラム②:梅仕事

養生健康コラム③:マインドフルネス

養生健康コラム④:夏の養生法

養生健康コラム⑤:冬病夏治(とうびょうかじ)

養生健康コラム⑥:お酒について

養生健康コラム⑦:赤ちゃん指圧と小児はり

養生健康コラム⑧:夏風邪

養生健康コラム⑨:はり・きゅうで良くなるのか?

養生健康コラム⑩:夏の養生 不眠について

養生健康コラム⑪:夏の不眠によい食材

養生健康コラム⑫:虫除けに

養生健康コラム⑬:夏バテが長引かないために

養生健康コラム⑭:秋の養生法

養生健康コラム⑮:アンチエイジング食

今回は、アンチエイジング 2回目”アンチエイジング トレーニング”をご紹介します。

養生健康コラム⑯:アンチエイジング トレーニング

アンチエイジングの2回目です。今回はトレーニング。

筋肉量が落ちると、代謝が落ち、活動量が減ります。体力がなくなり、身体を動かすことが億劫になります。

マイナスなことばかりですね。

では筋肉量が増えると、代謝が上がり、疲れにくく感じ、体を動かしやすくなり、自身がつき、活動量が増え、若々しく感じられます。

良いこと尽くめですね。

高い化粧品より、サプリメントより、私は、運動こそが最高のアンチエイジングだと思います。

代謝がよくなれば、肌のターンオーバー(細胞の入れ替わり)も早くなりますし、骨も適度なストレスをかけることでカルシウムの吸収が良くなり、骨粗鬆症の予防になります。

運動が良いことがわかっていても、体が痛くて、疲れてそんな気力がない方は、まず「はりきゅう」を受けにいらして下さい。

運動は少し元気になってからでも、また治療の途中から始めましょう。

アンチエイジング トレーニング

 

IMG_6066

最初はスクワットです。

身体の中で一番パワーが出せる筋肉はお尻と太ももの筋肉です。スクワットをすることでこの二つの筋肉を鍛え、体幹がしっかりしてきます。そうすると他のトレーニングもスムーズにできるようになります。

ポイントは、椅子に腰かけるようにしゃがむことと鍛えている筋肉を意識すること。

手は始め前に水平に、馴れてきたら斜め上にあげます。目線はどちらも手の方を向きます。

回数は決めず、1分間続けて行います。最初は筋肉を意識しながらゆっくりでもOK。馴れてきたらリズムよく1分間続けます。

IMG_6068

次は、四つん這いになり、体幹のトレーニング。

右手と左足を水平に上げて、対角線上で体をキープ30秒。

IMG_6069

そこから上げていた手の肘と足の膝をくっ付けて素早く離す30秒。

目線は常に手先を見ます。

反対も同じようにします。両方で2分間。

IMG_6071

そのまま姿勢でお尻のトレーニング。

斜めうしろに足を上げて15cmほどのはばを意識して上下させます。15秒。

IMG_6070そのまま足を真横にもってきて同じく上下させます。 15秒。

反対の足も行います。両足で1分間。

ここまでのエクササイズでスクワットから4分です。

4分の時間なら一日のうちどこかで見つけられるでしょうか?

次回は腹筋と全身が鍛えられるトレーニングの2種類を書きたいと思います。お楽しみに。

もっと詳しいトレーニングを知りたい方は、はりきゅう5治療院 有松店 野村までご連絡くださいね。

 

はりきゅう5治療院 有松店
金沢市有松3丁目3-30  もみつぼ5有松店併設
電話:076-205-5896
【鍼灸・スポーツ鍼灸・美容鍼で根本改善を目指す治療院】
http://www.ahk-concierge.com/ahk/harikyu5-arimatsu/

 

IMG_4527野村 絵里
鍼師、灸師、漢方養生指導士

平成18.19年日本オリンピック協会 医・化学委員、天満屋陸上部、資生堂陸上部、日本生命卓球部、全日本女子卓球部、ダンスカンパニーnoisumトレーナー帯同、一般社団法人 プティパ mamacare講師などの経験を生かし、スポーツケアからマタニティケア、ママさんケアなどQOL(クオリティ オブ ライフ)向上のための治療を行っている。

養生健康コラム⑮:アンチエイジング食

 

養生健康コラム⑮-1

50nomura

おはようございます。【はりきゅう5治療院 有松店】 の鍼灸師・漢方養生指導士 野村 絵里です。

「野村 絵里の養生健康コラム」ということで、あなたの健康生活のお役に立てるような養生法や健康法について紹介しております。(今までのコラム↓)

養生健康コラム①:季節養生

養生健康コラム②:梅仕事

養生健康コラム③:マインドフルネス

養生健康コラム④:夏の養生法

養生健康コラム⑤:冬病夏治(とうびょうかじ)

養生健康コラム⑥:お酒について

養生健康コラム⑦:赤ちゃん指圧と小児はり

養生健康コラム⑧:夏風邪

養生健康コラム⑨:はり・きゅうで良くなるのか?

養生健康コラム⑩:夏の養生 不眠について

養生健康コラム⑪:夏の不眠によい食材

養生健康コラム⑫:虫除けに

養生健康コラム⑬:夏バテが長引かないために

養生健康コラム⑭:秋の養生法

今回は、”アンチエイジング食”をご紹介します。

養生健康コラム⑮:アンチエイジング食

アンチエイジング=若返り。

年を重ねるのは、知識が増え、経験から失敗も少なくなり、素晴らしいことだとおもうのですが、なぜか、マイナスなイメージが付きまといますね。

確かに、体力がなくなって、疲れやすくなりました。
顔のシワもふえました。
動作も鈍くなってきました。

では、このマイナスを楽しくするためには?

というコラムを3回に分けてかきますね

① まずは、食について

IMG_5939なつめ 大棗(たいそう)といいます。

韓国では、古くから美容食材として有名でサムゲタンにも入ってます。一日3粒食べれば、年をとらない!!なんていわれる神な果物!

効果は、胃腸の働きを助ける。血を補って精神を安定させる。食欲不振、倦怠感、疲労、不眠、興奮、不安、イライラによい(更年期の)悲しみにも良いとされます。

漢方の代表処方は、”甘麦大棗党湯”。甘草と小麦、大棗のシンプルな処方で甘いので子供の夜泣きやひきつけにもよく使われる不眠の処方です。

乾燥させた状態で売られていることが多く、国産のものはなかな手にはいりません・・・残念です。ネット通販で韓国産か中国産のものが手に入ります。

食べ方は、お茶と一緒にいれてそのままスープやおかゆをつくる時にご一緒に。

オススメのレシピは、なつめの黒砂糖煮(上記写真)
なつめ:100g
水:400ml
黒砂糖:50g
乾燥なつめを水でさっと洗い、鍋に400mlの水と一緒に弱火で30分ほどにて黒砂糖50gを入れて煮詰めます。そして、瓶などにいれて冷蔵庫で保存します。そのままでも美味しいですし、ヨーグルトやお茶にいれても美味しいですよ。

味見したい方は、はりきゅう5治療院 有松店 野村までご連絡くださいね。

次回はアンチエイジング トレーニングです。お楽しみに!!

 

はりきゅう5治療院 有松店
金沢市有松3丁目3-30  もみつぼ5有松店併設
電話:076-205-5896
【鍼灸・スポーツ鍼灸・美容鍼で根本改善を目指す治療院】
http://www.ahk-concierge.com/ahk/harikyu5-arimatsu/

 

IMG_4527野村 絵里
鍼師、灸師、漢方養生指導士

平成18.19年日本オリンピック協会 医・化学委員、天満屋陸上部、資生堂陸上部、日本生命卓球部、全日本女子卓球部、ダンスカンパニーnoisumトレーナー帯同、一般社団法人 プティパ mamacare講師などの経験を生かし、スポーツケアからマタニティケア、ママさんケアなどQOL(クオリティ オブ ライフ)向上のための治療を行っている。

ケガを抱えながらの金沢マラソン

 

9c8d9c9c255ecbc9b6e1380022a2b1c8_s

p_onodera コラム用おはようございます。市民ランナーの悩みを解決する「RUNはり灸接骨院」の小野寺 智です。

さて、今月に入って、当院では、

「痛めたんですけど、金沢マラソン走れますか?」

的な患者様が増えています。

人それぞれなので、一概に走れる、走れない。とは言い難いのですが、

私からいつも言うのは、

『自分の中での”金沢マラソン”の位置づけはどこですか?』

という質問をします。

 

人生最後のマラソン?

仕事より大切?

家族より大切?

 

多くの方は、金沢マラソンに向けて、3ヶ月、半年、1年と長い期間、トレーニングを積んで今を迎えています。

毎日の忙しい仕事や家庭の隙間を作って練習に当てています。

そんな方のほとんどは、絶望的な顔でやって来ます。

しかし、この質問をすると皆、少し冷静さを取り戻してくれます。

 

そこで、本質の私の考えを。

 

選択枝は沢山あります。

無理をすれば、ケガの治りは遅くなり、次のレースに出れなくなる。

今、走らなければ、このくらいで治り、その先は普通に走れるようになる。

今回はサブ4は諦めて、目的をエイドを楽しむことにする。

途中棄権することも視野に入れて、スタートラインに立つ。

などなど。

 

選択枝が沢山あることが分かると、ほとんど皆、安心した顔をされます(^^)

怪我したことも、不安をかかえながら当日を迎えるのも、自分のマラソン人生の一部として、プラスの意識に変えれれば、なお、良しです♪

金沢マラソンまで、残り4日。

不安だらけでしょうが、それも含めて楽しみましょう(^^)

 

RUNはり灸接骨院
金沢市泉2丁目3-1
【市民ランナーのためのケアの専門家がいる鍼灸接骨院】
http://www.ahk-concierge.com/ahk/run-hari/

養生健康コラム⑭:秋の養生法

 

養生健康コラム⑭-1

50nomura

おはようございます。【はりきゅう5治療院 有松店】 の鍼灸師・漢方養生指導士 野村 絵里です。

「野村 絵里の養生健康コラム」ということで、あなたの健康生活のお役に立てるような養生法や健康法について紹介しております。(今までのコラム↓)

養生健康コラム①:季節養生

養生健康コラム②:梅仕事

養生健康コラム③:マインドフルネス

養生健康コラム④:夏の養生法

養生健康コラム⑤:冬病夏治(とうびょうかじ)

養生健康コラム⑥:お酒について

養生健康コラム⑦:赤ちゃん指圧と小児はり

養生健康コラム⑧:夏風邪

養生健康コラム⑨:はり・きゅうで良くなるのか?

養生健康コラム⑩:夏の養生 不眠について

養生健康コラム⑪:夏の不眠によい食材

養生健康コラム⑫:虫除けに

養生健康コラム⑬:夏バテが長引かないために

今回は、”秋の養生法”をご紹介します。

養生健康コラム⑭:秋の養生法

秋らしく肌寒くなってきましたね。

秋は「容平(ようへい)」といいます。万物が成熟し、容(かたち)が平定することをいいます。自然も、人間もいろんな事を「収めて」いく時期ととらえます。(気を徐々に収め、意思をあちこち外にださないように心がける)そして冬に上手に「蔵する」ことができる。

なんだかこう考えると自然はよくできていますね。現代に生きる我々は、そう自然のようにはいかないかもしれませんが、自然界の中で生きているには変わりないので、自然に添いながらが良いように思います。

生活養生ポイント

① 乾燥を防いで、肺の働きを助ける。
東洋医学では乾燥は肺を傷つけるといいます、咳やのどの痛み、肌の乾燥、便秘などの症状が出やすくなります。

予防として、マスクの着用や、白っぽい食品を取る( 白ゴマ、ユリ根、大根、れんこん、梨、はちみつ、松の実 など)。その中でも 白きくらげはコラーゲンが豊富で台湾、韓国などでも広く美容食材として使われており、是非見つけたら食べたい食品です。

 

② 酸甘化陰(さんかんかいん)を心がける
酸甘化陰(さんかんかいん)とは酸味と甘み(穀物やイモ類、果物の甘味)を一緒にとると体が潤うということです。

夏の間、身体は汗を沢山かいて陽の気が強くなっています。体に潤いを戻すと陰の気をうるおすことにより、ちょうど良いバランスが体の中で保たれます。寝汗をよくかく方は、とくにこの陰の気がたりません。酸甘化陰を試してみてください。

おススメは、朝がゆ+梅干し (朝粥はそれだけで陰の気を高めます。胃腸の弱っいてる方は是非)。パン+ グレープフルーツ。ぶどう、リンゴなどもおススメ。旬の果物とお芋も組み合わせも良いですね。

 

③ 冷えに注意する。
気温の差が激しく、急に冷えることで関節痛や、寝違い、ギックリ腰を起しやすくなります。脱ぎ着しやすい服装、首に巻くものを使用して体温を調節し、冷えを防ぎましょう。

 

④ 基礎体力を養いましょう。
秋は人間にとっても収穫の時期です。夏の間に衰えた消化器官を整え(よく噛んで旬の食材を味わうこと)、消耗した体力を養いましょう。

秋は一年で一番過ごしやすい 素敵な季節です。豊かな実りもあり、自然も美しく色づきます。心を穏やかに寛容に、一年を収めでいきたいですね。

 

はりきゅう5治療院 有松店
金沢市有松3丁目3-30  もみつぼ5有松店併設
電話:076-205-5896
【鍼灸・スポーツ鍼灸・美容鍼で根本改善を目指す治療院】
http://www.ahk-concierge.com/ahk/harikyu5-arimatsu/

 

IMG_4527野村 絵里
鍼師、灸師、漢方養生指導士

平成18.19年日本オリンピック協会 医・化学委員、天満屋陸上部、資生堂陸上部、日本生命卓球部、全日本女子卓球部、ダンスカンパニーnoisumトレーナー帯同、一般社団法人 プティパ mamacare講師などの経験を生かし、スポーツケアからマタニティケア、ママさんケアなどQOL(クオリティ オブ ライフ)向上のための治療を行っている。