あなたの症状やご要望にぴったりのあん摩マッサージ指圧・鍼灸治療を行っている国家資格治療院をお探しなら治療院コンシェルジュ!(対応地域:石川県)

対応エリア拡大中、石川県
お問い合わせ
0120-967-345
平日 9:00~19:00
治療院コンシェルジュからのご紹介で初回500割引き。(治療院につき一回限り、¥2000円以上の治療が対象)ご来院時に「治療院コンシェルジュから」とお伝え下さい。

マッサージやはりきゅうを受けたい人のための
コンシェルジュコラム

鍼灸が効くメカニズムって?

 

鍼施術 (1)-1

saved-iwataおはようございます。治療院コンシェルジュの岩田 真人です。

春眠暁を覚えず・・・といいますが、本当にそうですね。心地よすぎてなかなか起きられません。24時間くらい寝たいくらいです(笑)

そんな心地よい季節なのですが、心地よいと言えば、鍼灸マッサージでしょう!

「えっ!マッサージはわかるけど、鍼って痛いんじゃないの?お灸って熱いんじゃないの??」

と思った人は、たぶん鍼灸治療を受けたことがない人の先入観だと思います。

鍼灸って本当に心地よいものなのですから。

今日は、そんな鍼灸が効くメカニズムを簡単にコラムりたいと思います。

鍼灸の効果のメカニズムを東洋医学の基本理論である”気・血・水”を用いて考えてみます。

05_01

気:生命のエネルギーのことです。いわゆる元気、気分などです。現代的に言えば、自律神経系を指します。

血:主として血液のことを指します。全身を巡って栄養を運びます。現代的に言えば、血液・ホルモンなどの内分泌系です。

水:血液以外の体液のことです。代謝や免疫系などに関わっています。

 

気=鍼灸は自律神経を整える

自律神経とは我々の意識とは関係なく、内蔵などをコントロールしている神経系のことです。緊張型の交感神経とリラックス型の副交感神経のバランスによって制御されております。

人間の原因のわからない不調(不定愁訴)のほとんどは、この自律神経の乱れによるものです。特に、ストレスが多い現代人は、ほぼこの自律神経が乱れまくっているといっても過言ではないでしょう。

鍼灸は自律神経の乱れを整えることができるのです。

交感神経が優位なのであれば低刺激、副交感神経が優位なのであれば強刺激で刺鍼するなど、鍼灸は自律神経のバランスを整えることを得意とした治療法です。

血=鍼灸は血行を促進する

健康の基本は血行促進です。血流を良くすることで痛みやこり、冷えなどの症状が良くなります。

鍼灸をすることにより、その部分の周囲血管が拡張し、血液の流れを良くなることが知られております。

痛みやこりなどの不調な患部に鍼灸を施すことで、血流がスムーズになり、不調の緩和されるのです。

水=鍼灸は免疫力を高める

現代人は過保護な環境に住んでいますので、免疫力が低下傾向にあります。実際に、すぐに体調を崩したり、アレルギー体質の方がどんどん増えております。

鍼灸は免疫力を高めることができます。

身体に鍼という異物を侵入することやお灸で軽い火傷症状を起こすことにより、免疫系を活性化させることができるのです。

 

以上、鍼灸の効くメカニズムを”気・血・水”理論から簡単に説明致しました。鍼灸はまだまだ奥が深く、いろいろな機序や効果がありますので、

「こんな症状に鍼灸って効果的なの?」

という疑問など、ぜひ、お近くの鍼灸院で聞いてみてくださいね。

鍼灸マッサージ治療は、自己治癒力を高め、その人本来の姿に改善していく、素晴らしい治療法です。

石川県、金沢市、白山市、小松市、能美市、内灘町で鍼灸院、マッサージ院をお探しなら治療院コンシェルジュをご活用ください。

鍼灸なかだ治療院の症例報告 ケース③:膝の痛みで坐骨神経痛?

 

症例報告③

p_nakada コラム用おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

「鍼灸なかだ治療院の症例報告」というテーマで、コラムを連載しております。(今までのコラム↓)

ケース①:寝違え

ケース②:産後の体力低下と抵抗力の低下

今回は、”膝の痛みで坐骨神経痛?”という症例報告です。

ケース③:膝の痛みで坐骨神経痛?

病院では構造の異常なし、坐骨神経痛と診断される・・・

70歳の女性、病気になる前までは明るく活動的で、旅行に行ったり仲間とランチしたりと楽しい人生を過ごしていました。右膝の痛みは年齢的に以前から多少はありました。一年前から徐々に悪くなり整形外科や接骨院に通院して治療をしていましたが段々と膝が曲がらなくなってきました。

病院ではMRIの結果、関節鏡の手術を勧められたとのことでしたが、別の病院では関節の中は異常なしと言われどうしたものかと悩んでいました。

そうこうしているうちに右の太ももやすねが痛み-金沢弁で言うところの「やめる」状態、うずくような痛み-が出てきました。腰の検査を病院でしましたが骨や神経には異常なし、坐骨神経痛と診断されました。痛みで夜も十分眠ることができず、膝が曲がらないため歩行困難で杖にすがって歩いています。

当院(鍼灸なかだ治療院)に受診

当院を受診したときも全力で杖に体重をかけ右足をかばった状態でいらっしゃいました。顔は苦痛で歪んでいて、なんとも可愛そうな状態でした。

診ると右膝は少し腫れていて曲げることができません。膝をささえる太ももの筋肉が萎縮しています。一年間の苦悩を物語っているようです。仰向けに寝てもらうと膝の裏とベッドの間に指が2本ほど入ります。軽く曲がった状態で固まっています。自力で曲げようとしても痛くて曲がりません。その痛みは太ももの裏からすねの外側にあります。坐骨神経痛と診断されたのがこの痛みのようです。

腰、右足、背中など関連するところをいろいろ調べましたが、膝の腫れと太腿の筋肉の萎縮以外、取り立ててひどいところは見つかりません。

精神的な要因で痛みを強くしている可能性を考えて、家庭環境や人間関係について、それとなく伺いましたが痛みをひどくするような問題点は見つかりません。

そこでまずは坐骨神経痛を軽減することを優先し、膝の腫れや曲がらない症状は痛みが落ち着いてから治療することにし、腰臀部、下肢のツボに鍼治療を行ないました。治療直後の改善は見られませんでしたので、翌日再診するようお願いしました。

原因究明、症状消失

翌日、もう一度足をよく調べました。すると太ももの外側、腸脛靭帯や外側広筋、膝裏の膝窩筋に強い圧痛が検出されました。つまり、膝の内側をささえる筋肉(内側広筋)が長年の膝の障害で萎縮を起こし、それをかばって外側の筋肉に無理を強いて歩いたために起こった足の痛みだったのです。坐骨神経は関係ありません。これらの筋に鍼をし、様子を見ることにしました。

3回目の治療も2回めと同じように行ったところ、4回目にいらした際にウソのように痛みがなくなったと大喜び。「いやぁ~、うそなんですよ~」と冗談を言いながら、同様に治療をしすっかり良くなりました。夜間痛がなくなり、杖を使わずに歩けるようになり、膝も曲がるようになりました。

残された問題点は膝の腫れと、内側広筋の萎縮です。腫れは変形性膝関節症による循環障害(炎症所見はありません)、萎縮は廃用性萎縮と言って、痛みのため使わなかったせいで萎縮している状態です。軽い筋トレが必要です。

一時はどうなるかと心配しながら治療しましたが、しっかり調べて悪いところを見つけられたのが良くなるポイントでした。

その後しばらく治療を継続し、筋トレ指導を続けて終了しました。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

古くて古いものは滅び、新しくて新しいものも滅ぶ。古くて新しいものは栄える。

 

a5a67bd2971c95f87d16df35e9281507_s

saved-iwataおはようございます。治療院コンシェルジュの岩田真人です。

さて、本日はこの格言から。

『古くて古いものは滅び、新しくて新しいものも滅ぶ。古くて新しいものは栄える。』

真理の言葉ですね。特にこの変化の時代には身に染みる言葉でしょう。

古いものはどんどん時代に淘汰されてしまいます。特に現代ではその淘汰のスピードは加速する一方です。かと言って、新しいものも価値がなければ、瞬く間に滅びてしまいます。

やはり、古くても長い年月に耐えに耐えて、現存しているものはとっても価値があるものだと言うことです。

鍼灸は栄えるに値するもの

そう言った意味で、鍼灸が日本に入って来て、1,500年以上。そのような気の遠くなるような、長い時間の中で人々の健康に寄り添ってきた医療です。

そして、時間の淘汰に耐えながら、現代にまで至っている・・・・

まさに、鍼灸は古くて新しいものなのです。いわゆる『宝』です。

しかし、現在、鍼灸の受療率は4%台にまで落ち込んでいると言われております。それは、決して、鍼灸に効果がなかったり、医療が発達して病気になる人がいなくなったということでもありません。

むしろ、鍼灸において、その研究方法、社会への還元、法的制度は他の科学研究領域と比較しても遜色のない水準であります。また、この現代社会は、人類史上もっとも不健康な社会だと言われております。

それなのに、なぜ、鍼灸が選ばれなくなっているのでしょうか?

僕的には単純に

健康ブームに乗り遅れた、普及啓蒙活動ができていないだけ。

だと思っております。頑張りどころですね!

この宝である鍼灸を受けたことない人は、ぜひ、一度お試しください。時代の淘汰に耐え抜いた力はハンパないですよ!

石川県、金沢市、白山市、小松市、能美市、内灘町で鍼灸院をお探しでしたら、治療院コンシェルジュをご活用ください。

ツボの数は約700個!身体はツボだらけ。

 

461166

saved-iwataおはようございます。治療院コンシェルジュの岩田真人です。

本日はツボのお話です。ツボって良く耳にすると思いますが、実はあまりわかっていない人も多いと思いますので。

正式名称は経穴(ケイケツ)

ツボは専門的には経穴(ケイケツ)と言います。

ツボという言葉は、思うツボ、ツボを押さえる、成功のツボなどのように一般的に「要点」「急所・弱点」「大切なところ」という意味合いがありますので、中国から日本に経穴が入って来た際にわかりやすく”ツボ”と表現するようになったとのことです。

また、ツボはいわゆる壺ですので、壷=穴のイメージから隠し場所・大切な物の保存を意味し、人の体にあるツボも要点、急所としての反応部が押すと窪む部が多いことから”穴⇒壷⇒ツボ”と日本語では表現されるようになったようですね。

いずれにせよ、ツボ=人間の大切な反応点という憶え方で良いと思います。

北斗の拳でも、経絡秘孔といってツボ=秘孔に気を送り込んで、相手の肉体を「アベシ!」と破壊するのは有名ですよね。

また、「アベシ!」と破壊するイメージが強すぎるので、影になっておりますが、トキはこのツボ=秘孔により、多くの人を病気や障害から回復させておりました。

ツボは時には急所にも活所なるということです。そして、この回復させるツボ、活所にて治療するのが、鍼灸師であり、あん摩マッサージ指圧師というわけです。

ツボの数は約700個もある。

WHOで認定されているツボは361個、その内、左右対になっているツボが309個、単穴が52個なので、全部で670個が一般的ですが、中には679個や708個とも言われております。

いや~すごい数ですね。ツボだらけですね。

基本的に筋肉、腱、骨の割目や隙間、関節の凹んだ部分、脈拍が触れる部分により多く位置しておりますが、押すと痛い所、固い所、しこりを感じる所、凹んでいる所、知覚異常、温感異常のある部分はまずツボだと思って間違えないでしょう。

ツボは正しく取ることが何より大切

ツボ療法は大変効果的で、痛みの緩和や自然治癒力、免疫力を高める効果があり、自律神経の調整や胃腸の働きを整え、生活習慣病を防ぐ期待が大きいものですが、

前述したようにツボは、急所にも活所になりますので、効果は諸刃の剣であります。ツボの種類や刺激の量、方法を間違うと作用は逆転し、悪化することになる恐れもありますので注意が必要です。

ツボ療法は専門家の指導もと、行うように致しましょう。

ツボ押し健康法も多くの人に取り入れられ、健康の一翼を担っておりますが、せっかく効果的な健康法であるにも関わらず、正確にツボが取れなくては意味がございません。また、ツボの正しい知識があればツボ押し健康法の効果も大きくなります。

しかし、一般の人が行えるツボ療法の範囲は法的問題があり、一般的には、専門的な治療器具、灸痕の残るようなお灸は出来ません。特に第三者に対しての行為は国家免許を持つ者以外には禁止されていますので、

効果的なツボ療法は鍼灸マッサージ師の指導のもと、行うように致しましょう。

石川県、金沢市、白山市、小松市、能美市、内灘町でツボ押し健康法を指導してくれる治療院をお探しなら治療院コンシェルジュをご活用ください。