あなたの症状やご要望にぴったりのあん摩マッサージ指圧・鍼灸治療を行っている国家資格治療院をお探しなら治療院コンシェルジュ!(対応地域:石川県)

対応エリア拡大中、石川県
お問い合わせ
0120-967-345
平日 9:00~19:00
治療院コンシェルジュからのご紹介で初回500割引き。(治療院につき一回限り、¥2000円以上の治療が対象)ご来院時に「治療院コンシェルジュから」とお伝え下さい。

マッサージやはりきゅうを受けたい人のための
コンシェルジュコラム

その目の疲れ、もしかして首が原因?【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸なかだ治療院 コラム-1

p_nakada コラム用こんにちは。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

目の疲れを「眼精疲労」といいます。目を酷使したため眼球を動かす筋肉がこって目に痛みや疲労感を生じる状態をいいます。

よく目がしらを押さえてる人がいますね。あの押さえている場所は晴明穴というツボです。押さえると気持ちいいですね。ズーンと目の奥に響く感じがします。一時的に目が楽になり作業を再開できる優れたツボです。

眼精疲労のプロ?は晴明穴の指圧に加えて首や肩を回し肩甲骨を回します。ベテランになると合谷穴という親指と人差し指の間にあるツボをぐっと押します。痛いぐらいに押します。これでずいぶんすっきりします。

合谷穴は麦粒腫(ものもらい)の時にお灸をすえるツボですから、目の周辺の炎症を引かせる効果があるようです。それで目がすっきりするわけです。

どうして目が疲れるのでしょうか。

ジーっと物を注視する、瞬きが少ないため目の表面のうるおい(涙)が少なくて乾燥している、姿勢が悪いなどいろいろ原因があります。多くは長時間の読書やデスクワークが原因で、最も多いのはパソコンを使った作業です。VDT症候群(ヴィジュアル・ディスプレイ・ターミナル・シンドローム)といいます。

加えて、最近ではスマートホンによる眼精疲労が増えています。こういった光学機器を見る時、同じ姿勢で長時間作業を行っています。目を動かす筋肉もさることながら首の筋肉も長時間緊張を強いられます→コリが生じます。

頭と首をつなげる筋肉は首にあります。大きな筋肉では僧帽筋、肩甲挙筋、胸鎖乳突筋などです。体の表面にありますので、もんだりたたいたりして自分で刺激をすることができますが、今回注目するのは深いところにある筋肉、後頭下筋群です。さわれません。鍼でないと届きません。

筋群ですから4つの筋肉がまとまって頭部を支えています。この筋肉が眼球の動きに対し頭部を固定して安定させる働きをします。ですから、ものを注視すると筋群が頑張る、頑張ると疲れる、疲れるとこる。こると目がつらくなる。

ツボでいうと天柱穴、上天柱穴、風池穴などが対応します。

はり治療の後は目がすっきりします。「世界が明るくなった」と感想を言う患者さんがいました。ただ、スマホを見るのはほどほどに。さもないとまたこってきます。

そんな時代だと割り切ってしまいたくもなりますが、文明に体を壊されてもよくありません。「用法・用量を守って」とコマーシャルがありましたが、何事もほどほどにが肝要です。

YouTubeを始めました。

さて、鍼灸なかだ治療院はYouTubeを始めました。下記リンクから動画を見ることができます。

https://www.youtube.com/channel/UCpqbolfsuaNfi3JckRFcRFw (鍼灸なかだ治療院チャンネル)

まだまだコンテンツは少ないですが、皆さんに有用な情報をコンパクトにまとめて紹介していきます。どうぞよろしく!

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/
【鍼灸なかだ治療院チャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCpqbolfsuaNfi3JckRFcRFw

イギリスのNICEはナイスな発表をした!【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸なかだ治療院 コラム-1

p_nakada コラム用こんにちは。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

お盆ですね。外出や遠出を控えるように小池都知事が盛んに言ってますね。都知事の何がすごいかというと、コトバです。

古くは「3密」「オーバーシュート」に「ロックダウン」、最近では「感染拡大警報」、そして「この夏は特別な夏」。こんな言葉を記者会見でバンバン使えば、いやでも耳に残ります。

新型コロナウイルス感染拡大といえば、小池都知事。豊洲も前前回の選挙公約の「7つのゼロ」ももうどうでもよくなってます。新型コロナウイルス対策リーダーです。

鎮痛剤よりも運動・心理療法・鍼治療

さて、イギリスのNICE(国立医療技術評価機構)はイギリス保健省配下の執行型政府部門公共機関の一つで治療のガイドラインを作っているところです。

慢性疼痛診療ガイドラインを作成しているのですが、一次性慢性疼痛に鎮痛剤より運動、心理療法、鍼治療を勧めています。

対象となる痛み止めはアセトアミノフェンやNSAIDsといわれる鎮痛消炎剤、ベンゾジアゼピン、オピオイドです。

これらのお薬にはエビデンスがほとんどまたは全くないうえ、害や依存性があるため推奨しないとしています。

一般的に病院でもらってる痛み止めやドラッグストアで売ってる痛み止めは効果がないということですが、一次性慢性疼痛に限ってのガイドラインです。

さて、この一次性慢性疼痛というのは原発性慢性疼痛とも言って、神経障害性疼痛、線維筋痛症、慢性頭痛などがあります。

そのほかの慢性疼痛にはがんによる痛み、椎間板ヘルニアやじん帯断裂など損傷を受けておこる痛みなどがあります。

日本ではまだそこまで研究が進んでいません。ハードルを上げてきますね、イギリスさんは。

鍼治療を受けられる経済的余裕のある方々なら、継続して治療すれば慢性疼痛に大変効果があることは臨床経験上、分かっています。

治療期間は人によるので明確に何回とは言えないのですが、日本の健康保険利用状況から考えると、鍼の保険治療は、大変利用困難な状況です。

学問から効果を証明して健康保険運営に反映させる、それが鍼で患者さんを見ている我々の悲願でありますが、なかなかそうはいかないのが現実です。

イソジンが売り切れるんだから、とにもかくにも日本は平和です。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

【インタビュー】医療難民の方のための科学的根拠に基づいた鍼灸。竹田 太郎先生

 

竹田先生 インタ

saved-iwata治療院コンシェルジュの岩田 真人です。

さて今回は、【竹田太郎鍼灸研究所 竹田 太郎 所長】への突撃インタビューです。

岩田:先生の治療は、ズバリどんな治療ですか?

竹田先生:研究データーや論文による科学的根拠に基づいた施術です。それをしっかり提供できるよう技術的にも研究会参加等で常に研鑽しておりあす。

岩田:先生の治療を受けてほしい患者様はどんな患者様ですか?

竹田先生:現代医療難民ですね。たとえば、お医者さんで「しばらく様子を見ましょう」「この薬を飲み続けましょう」「手術には成功したのですが・・・」「時間が経てば少しずつ和らいできますよ」などと言われ、そのまま苦痛を強いられている方などです。

岩田:患者様はいろいろな治療院がある中で、なぜ先生の治療院を選ぶのでしょうか?

竹田先生:手前味噌ですが、私の経歴や経験、または博士(鍼灸学)という肩書きなどが大きいと思います。

岩田:先生の治療院に来られる患者様はどんなことに不安を抱いてますか?

竹田先生:「医学は難しい学問だ」「お医者さんは忙しそうだ」などと気遣うあまりに、ご自身の身体状況について納得できるまでの説明を受けていない。あるいは、ご自身の症状がよく理解できていないまま放置し、結果として身体に対する不安を抱えたまま過ごしている・・・という方が多いように思います。

岩田:なぜ先生の治療は、そのような悩みを解決できるのでしょうか?

竹田先生:医療面接を重視し、一つ一つ丁寧に患者様の不安や疑問に応えていきます。その結果として、予後予測や副作用にも納得、相互理解した状況で施術しております。

岩田:竹田先生、ありがとうございました。

北陸で唯一の鍼灸学博士の竹田 太郎先生。明治国際医療大学の講師として13年間務めたその知識は、他を明らかに凌駕するものでした。

無料相談も行っているようですので、身体に不安を感じている方、どこに行っても良くならない方は、この機会に東洋医学・西洋医学の目線から医療相談できる竹田太郎鍼灸研究所をぜひご利用下さい!!

 

竹田太郎鍼灸研究所
金沢市新保本4丁目65番地16 ライフガーデン1F
電話:050-3176-9647
【医療難民の方のための鍼灸学博士による科学的根拠に基づいた鍼灸】
https://www.ahk-concierge.com/ahk/takeda-shinkyu-labo/

ネガティブ・ケイパビリティ【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸なかだ治療院 コラム-1

p_nakada コラム用おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

鍼灸なかだ治療院は非接触型体温計を導入しました。来院される皆様にはお手数ですが、入店時の手指消毒とともに体温測定をお願いしています。

今回は”ネガティブ・ケイパビリティ”についてです。

さて、県をまたぐ移動が可能になって早々、東京都の感染者数が増えていることは、地方に住む私たちにとって心配なことです。

ニュース等では羽田空港や東京駅の風景を中継して、仕事で東京を出発する人たちの姿を映していました。心配は尽きません。

そこで・・・

ネガティブ・ケイパビリティ

ネガティブ・ケイパビリティという言葉、ご存じでしょうか。

この言葉は詩人ジョン・キーツが「不確実なものや未解決のものを受容する能力」を表現するために使ったのが最初といわれています。

日本で広めたのは精神科医で小説家の帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)先生で、同名の著書で紹介しました。

私は帚木先生の小説が大好きです。数年前、東京で鍼灸の会議があったときに金沢駅の本屋さんで何気なく手に取ったのが『閉鎖病棟』でした。新幹線開業前でした。一気に読み終えたことを覚えています。『閉鎖病棟』は昨年、映画化されたと思います(まだ見てませんw)。

先生の書くものは医療系の小説が多く、不妊治療と再生医療を結び付けたサスペンス仕立ての『エンブリオ』シリーズや日韓問題や従軍医師のお話、古代日本とアジア大陸との交易を題材とした『日御子』があります。医学用語などが出てきて大変かもしれませんがご一読をお勧めします。

話がずれましたw。

ネガティブ・ケイパビリティです。ケイパビリティとは能力のこと。負の能力。すぐに答えが出ない、長期の対応が求められる状況において、ややこしくて複雑なことを受け入れ、状況に耐えつつ解決策を講じながら待つ。

どうですか。新型コロナウイルス感染拡大にあてはまりませんか?

自分が感染しないためにはどうしたらよいか。
人にうつさないためにはどうしたらいいの?

正解はありません。

あれもしてこれもして。まだ足りない。マスクをしても横から入ってくるだろうし、今すれ違った人が感染者かもしれないどうしよう。不安でなりません。

目先のことも大事ですが、この先どうなるかわからないこの状況の中で生きていくにはこのネガティブ・ケイパビリティを身に着けるといいんです。

実は日本には昔からこの考え方があります。

「人事を尽くして天命を待つ」です。

やることやって(できることをちゃんとやって)あとは受け入れる心を持つことです。

できることは人それぞれ違うと思います。SNSの情報に踊らされることなく、国や県が推奨する方法を自分ができる範囲で、かつ周りとの調和を持ってやっていくことがネガティブ・ケイパビリティにつながります。

私が好きな言葉に「唯従自然(ゆいじゅうじねん)」があります。

尊敬する橋田邦彦先生(生理学者で太平洋戦争中の文部大臣)の書かれた『生体の全機性』というエッセイ集が出典です。

医療がすべてを治すわけではない、患者のカラダが病気を治す。その手伝いをするのが医療だという立場にたって、施すべきことを行って後は経過を観察しつつ治療を継続することを表しています。

鍼灸治療の立場と同じものです。

鍼灸なかだ治療院は、ネガティブ・ケイパビリティの精神を持ち、この「唯従自然」のこころで施術をします。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/