あなたの症状やご要望にぴったりのあん摩マッサージ指圧・鍼灸治療を行っている国家資格治療院をお探しなら治療院コンシェルジュ!(対応地域:石川県)

対応エリア拡大中、石川県
お問い合わせ
0120-967-345
平日 9:00~19:00
治療院コンシェルジュからのご紹介で初回500割引き。(治療院につき一回限り、¥2000円以上の治療が対象)ご来院時に「治療院コンシェルジュから」とお伝え下さい。

マッサージやはりきゅうを受けたい人のための
コンシェルジュコラム

今年の県民公開講座は【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸なかだ治療院 コラム-1

p_nakada コラム用こんにちは。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

8月27日、今年の県民公開講座の打ち合わせのため石川県鍼灸マッサージ師会の常盤会長と田中副会長と私の3人で、金沢医科大学准教授 赤澤 純代先生にお会いしました。金沢医科大学(以下、医科大)の研究棟は最近新しくなって迷路のようでした。

今年の県民公開講座は、講師に赤澤先生をお迎えして、コロナ禍の中、来場者制限をしつつ、オンラインでまたオンデマンドで開催する予定でいます。

ゴースト血管とは

赤澤 純代先生のご専門は”ゴースト血管”

ゴースト血管とは血液が流れなくなった毛細血管のことで、そのまま放置しておくと毛細血管はなくなり、血流が途絶え、脳卒中や認知症、心臓病などを引き起こす恐れのあるものです。

赤澤先生には、どうしたらゴースト血管を予防できるのか、何に気を付ければよいかなどを最新の研究結果をもとにお話ししてもらいます。NHKや民放放送局に多数出演されている先生ですから、お話は分かりやすくて楽しい。新型コロナウイルスなどの感染症との関係もお話ししてくださるそうで、それもためになること間違いなし。

また、先生は大学病院の女性外来でご活躍中。アロマセラピーや漢方薬などを使って治療にあたっています。

ゴースト血管は健康だけでなく「美」にも関係が深いと言います。女性必見の講演となるでしょう。

この日、面談をしていて偶然の連発に驚いたことがあります。私の師である故 多留 淳文先生と赤澤先生のご尊父が金沢大学で一緒に研究をしていたということ。

また、鍼刺激と白血球・リンパ球との関係を調べられた元金沢医科大学血清学教室の山口 宜夫先生とは、ご近所とか。この研究は、私や常盤会長を含めた数名の鍼灸師がかかわった大変示唆に富んだ論文(※1)です。

そんなことから、赤澤先生と鍼灸との関係は、予期せぬつながりができてお話が大いに盛り上がりました。赤澤先生をご紹介してくださったのは、医科大の神田 享勉学長でした。全く鍼灸との関連はわからない状況でのご紹介でした。

これから、実行委員会の一員として私は準備に携わります。多分、当日の司会をすることになるでしょう。緊張はしません。楽しんで講演会を盛り上げていきたいと考えています。

令和2年度県民公開講座

主催:(公社)石川県鍼灸マッサージ師会・(公社)石川県鍼灸師会
日時:令和2年11月22日(日)13:30~15:30
場所:本多の森会議室 第2会議室(2階)金沢市石引4-17-1
演題:①鍼灸マッサージミニ講座、②赤澤 純代先生講演
参加費:無料
来場者制限:80名まで
来場・オンライン聴講については事前予約を行います。詳細は後日、石川県鍼灸マッサージ師会ホームページでお知らせします。http://ishikawa-shinkyu.or.jp/

※1:鍼灸治療効果の研究-I . 鍼刺激後の白血球及びリンパ球亜群に対する量的影響一、山口宣夫、橋本英樹ほか、日温気物医誌第65巻4号2002年8月

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/
【鍼灸なかだ治療院チャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCpqbolfsuaNfi3JckRFcRFw

その目の疲れ、もしかして首が原因?【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸なかだ治療院 コラム-1

p_nakada コラム用こんにちは。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

目の疲れを「眼精疲労」といいます。目を酷使したため眼球を動かす筋肉がこって目に痛みや疲労感を生じる状態をいいます。

よく目がしらを押さえてる人がいますね。あの押さえている場所は晴明穴というツボです。押さえると気持ちいいですね。ズーンと目の奥に響く感じがします。一時的に目が楽になり作業を再開できる優れたツボです。

眼精疲労のプロ?は晴明穴の指圧に加えて首や肩を回し肩甲骨を回します。ベテランになると合谷穴という親指と人差し指の間にあるツボをぐっと押します。痛いぐらいに押します。これでずいぶんすっきりします。

合谷穴は麦粒腫(ものもらい)の時にお灸をすえるツボですから、目の周辺の炎症を引かせる効果があるようです。それで目がすっきりするわけです。

どうして目が疲れるのでしょうか。

ジーっと物を注視する、瞬きが少ないため目の表面のうるおい(涙)が少なくて乾燥している、姿勢が悪いなどいろいろ原因があります。多くは長時間の読書やデスクワークが原因で、最も多いのはパソコンを使った作業です。VDT症候群(ヴィジュアル・ディスプレイ・ターミナル・シンドローム)といいます。

加えて、最近ではスマートホンによる眼精疲労が増えています。こういった光学機器を見る時、同じ姿勢で長時間作業を行っています。目を動かす筋肉もさることながら首の筋肉も長時間緊張を強いられます→コリが生じます。

頭と首をつなげる筋肉は首にあります。大きな筋肉では僧帽筋、肩甲挙筋、胸鎖乳突筋などです。体の表面にありますので、もんだりたたいたりして自分で刺激をすることができますが、今回注目するのは深いところにある筋肉、後頭下筋群です。さわれません。鍼でないと届きません。

筋群ですから4つの筋肉がまとまって頭部を支えています。この筋肉が眼球の動きに対し頭部を固定して安定させる働きをします。ですから、ものを注視すると筋群が頑張る、頑張ると疲れる、疲れるとこる。こると目がつらくなる。

ツボでいうと天柱穴、上天柱穴、風池穴などが対応します。

はり治療の後は目がすっきりします。「世界が明るくなった」と感想を言う患者さんがいました。ただ、スマホを見るのはほどほどに。さもないとまたこってきます。

そんな時代だと割り切ってしまいたくもなりますが、文明に体を壊されてもよくありません。「用法・用量を守って」とコマーシャルがありましたが、何事もほどほどにが肝要です。

YouTubeを始めました。

さて、鍼灸なかだ治療院はYouTubeを始めました。下記リンクから動画を見ることができます。

https://www.youtube.com/channel/UCpqbolfsuaNfi3JckRFcRFw (鍼灸なかだ治療院チャンネル)

まだまだコンテンツは少ないですが、皆さんに有用な情報をコンパクトにまとめて紹介していきます。どうぞよろしく!

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/
【鍼灸なかだ治療院チャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCpqbolfsuaNfi3JckRFcRFw

新型コロナウイルス感染症に対する患者様へのお願いと当院の取り組み【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸なかだ治療院 コラム

p_nakada コラム用おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

今回は”新型コロナウイルス感染症に対する患者様へのお願いと当院の取り組み”をご紹介します。

新型コロナウイルス感染症に対する患者様へのお願いと当院の取り組み

  • 発熱やせき・息切れ、風邪症状のある方は、マスクの着用をお願いします。
  • 14日以内に新型コロナウイルス感染症の流行地域への渡航歴・滞在歴のある方、または新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚な接触があった方は、受付にその旨お申し出ください。
  • 心当たりのある方は、最寄りの保健所あるいは専門医療機関に電話で相談し、指示を受けていただきますようお願いいたします。
  • 施術者は風邪などの症状がある場合は治療をいたしません。
  • 施術に用いる器具、タオルなどの管理を怠らずに実施しています。
  • 施術には手洗い、消毒を徹底してから行っています。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

新型コロナウイルスのPCR検査について【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸なかだ治療院 コラム

p_nakada コラム用おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

今回は”新型コロナウイルスのPCR検査について”です。

新型コロナウイルス(以下、シン・コロナ)に関する情報は、いろんなメディアで提供されています。なかでもTwitterは即時性が高いという意味では大変いい媒体ですが、デマやウソなど不正確な情報もいっぱいあります。

今日紹介するのは皆さんの不安を軽減するには必要なお話なので要約してお話しします。院内感染対策を専門としている坂本史衣(さかもとふみえ)先生のツイートです。

多くの人たちが検査を希望する中、シン・コロナのウイルス、COVID−19にPCR検査することは感染対策上意義があるかというお話をされています。結論から言うと有意義とは言えないとのことです。

1.検査には感度と特異性という尺度があって、感染を検知できる割合を感度といいます。感度が高いということはウイルスがいる割合が高いということです。どんな検査にも感度100%はないと先生はおっしゃっています。

COVID−19のPCR検査の感度は30~70%。検査の時期や採取部位に影響されるためです。陰性と出てもあとで肺炎になるケースがあるのはそのせいです。逆に陽性と出ても誤りである可能性があります。

2.治療してほしいという気持ちはよくわかります。しかし無症状や軽症のPCR検査陽性者は治療の対象となりません。検査は治療の方向性を明確にするために必要だからです。

3.そもそも治療法はできていません。今は感染拡大を防ぐことをしていますが、次に重篤な患者さんを死なせない方向にもっていくと思われます。COVID−19は風邪が長引いた感じで治るそうです。気を付けなければならないのは糖尿病や喘息、心臓病などを治療中の方や高齢者です。

このウイルスは今だけでなく、インフルエンザウイルスと同じように毎年流行するでしょう。誰もがかかりうると考えたほうが良いです。

検査は今後どの医療機関でも受けられるようになるでしょうが、もうしばらく時間がかかりそうです。ですから現時点で無症状または風邪やインフルエンザの初期症状のような病状ならばPCR検査をする意味は薄いと言えるでしょう。

症状があるなら自宅で静養するというスタンスでいるのが良い対応だと思います。

坂本先生の見解を紹介しましたが、詳しく知りたい方は以下のリンクから詳細をご一読ください。
http://hamusoku.com/archives/10194159.html

慌ててパニックにならないように。正確な知識を持っていてください。

(文中、新型コロナウイルスをシン・コロナと表現しましたが、シン・ゴジラとは何ら関係ありません)

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

1 / 912345...最後 »