あなたの症状やご要望にぴったりのあん摩マッサージ指圧・鍼灸治療を行っている国家資格治療院をお探しなら治療院コンシェルジュ!(対応地域:石川県)

対応エリア拡大中、石川県
お問い合わせ
0120-967-345
平日 9:00~19:00
治療院コンシェルジュからのご紹介で初回500割引き。(治療院につき一回限り、¥2000円以上の治療が対象)ご来院時に「治療院コンシェルジュから」とお伝え下さい。

マッサージやはりきゅうを受けたい人のための
コンシェルジュコラム

感染症に対する漢方治療の考え方【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸なかだ治療院 コラム-1

p_nakada コラム用おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

今回は”感染症に対する漢方治療の考え方”をご紹介します。

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、収束のめどが立たない今、感染症対策の指針に従い十分注意して生活を送ってください。

手洗いは予防の基本。最近ではタレントさんなどが曲に合わせて正しい手洗いの仕方を紹介していますし、新聞などでも紙面を割いて詳しく紹介しています。

当院をはじめとするはり・きゅう・按摩・指圧で施術するあはき業は、医療職としての休業要請はないとの厚生労働省の回答を頂いております。感染症対策は必要十分行っています。

ご心配の際は各治療院にお電話でお尋ねください。

東洋医学と新型コロナウイルス感染症

さて、新型コロナウイルス感染症に関し、医療の分野ではアビガンなど効果を認める新薬が臨床で使われ始めています。

翻って東洋医学はどうなのでしょうか?まず最初に私は今この感染症に鍼灸や漢方が効果があったとしても声高に主張すべきではないと思っています。

東洋医学で治療する以前にすべきことがたくさんあるからです。データを集め病気を分析してどの時期に東洋医学が介入したらもっともよい効果が得られるかを探る必要があります。

漢方薬については一般社団法人日本感染症学会のホームページに「COVID-19感染症に対する漢方治療の考え方(特別寄稿)」金沢医科大学臨床感染症学飯沼由嗣先生が金沢大学附属病院漢方医学科小川恵子先生の論文を紹介しています。

http://www.kansensho.or.jp/modules/news/index.php?content_id=140

小川先生の論文では中国での研究を紹介しかなりの効果があることを認めていますが、漢方薬の処方が様々なのとどの時期にどの処方が有効なのかを見極めるまでに至っていないということで、拝読後私は今後の研究に期待するとの印象を持ちました。

鍼灸治療においても東洋医学の治療論の一つ肺の痰湿を取り除くため”温灸”をすると良いとの論文があるとのことですが、何とも言えません。

いずれにしろ、現代医学・東洋医学、お互いの良いところを取り入れるために研究を続けてほしいと思います。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

秋になると咳が・・喘息が・・そんな方いませんか?

 

1400840

50nomura

こんにちは。【はりきゅう5治療院 有松店】 の鍼灸師・漢方養生指導士 野村 絵里です。

お盆明けから急に涼しくなって秋の気配がしてきました。秋になると咳が・・喘息が・・そんな方いませんか?

東洋医学では、春は肝、夏は心、秋は肺、冬は腎と季節によって養う臓器があります。

夏の間、心を上手に発散させて養っておくことができないと、秋になって肺を清らかにできず、咳がでます。この咳が長引くと今度は冬になって消化吸収ができなくなり、下痢を引き起こします。つまり、冬の間十分なエネルギー(腎)を蓄えられないままになり、春に芽吹くためのエネルギーがなくなります。

植物に例えるとよくわかりますが、冬に蓄えられた養分で、春芽吹き、夏成長し、秋収穫される。

秋は夏の成長を収めていく時期です。引き続き、早寝早起きをして、心安らかにし、自分の気持ちを寛大にし、気持ちを徐々に収めて意思を外にださないように心がけること。

そして肺を養うこと。

具体的には、白い食べ物を食べましょう。たとえば、梨、白ゴマ、白きくらげ(大変お肌によい!肌=肺です。)レンコン百合根(精神安定によく茹でて冷凍保存可能)蜂蜜も良いです。そして冷えに注意しましょう。(お灸が効果的)

はりきゅう5では、季節に合った養生法、その方の体質にあった養生法やセルフケア、自施灸(自宅で行うお灸)の方法など丁寧に指導します。
ご相談は、はりきゅう5治療院 鍼灸師 野村 絵里までお問い合わせ下さい。

 

はりきゅう5治療院 有松店
金沢市有松3丁目3-30  もみつぼ5有松店併設
電話:076-205-5896
【鍼灸・スポーツ鍼灸・美容鍼で根本改善を目指す治療院】
http://www.ahk-concierge.com/ahk/harikyu5-arimatsu/

 

IMG_4527野村 絵里
鍼師、灸師、漢方養生指導士

平成18.19年日本オリンピック協会 医・化学委員、天満屋陸上部、資生堂陸上部、日本生命卓球部、全日本女子卓球部、ダンスカンパニーnoisumトレーナー帯同、一般社団法人 プティパ mamacare講師などの経験を生かし、スポーツケアからマタニティケア、ママさんケアなどQOL(クオリティ オブ ライフ)向上のための治療を行っている。

ストレス解消には鍼灸マッサージでリフレッシュ!

 

ダウンロード

saved-iwataこんにちは。治療院コンシェルジュの岩田 真人です。

お仕事や人間関係で疲れて、ストレスも溜まって、心身ともにリフレッシュした~い!ということで、温泉、もみほぐしなどに行かれる方は多いのではないでしょうか。

そんな中でも、僕が最もおススメするストレス解消方法は、鍼灸マッサージです!(治療院コンシェルジュですので当たり前ですが・・・(笑))

もちろん、鍼灸マッサージをおススメするのには理由がございます。

東洋医学は、液体と気体を診る医学

 

05_01

東洋医学では、人のカラダを構成し、全身を巡る3つの要素を”気・血・水”といいます。

気:生命のエネルギーのことです。いわゆる元気、気分などです。現代的に言えば、自律神経系を指します。

血:主として血液のことを指します。全身を巡って栄養を運びます。現代的に言えば、血液・ホルモンなどの内分泌系です。

水:血液以外の体液のことです。代謝や免疫系などに関わっています。

この3つのバランスが保たれていると健康な状態で、これらのどれかが不足したり、巡りが悪くなると、カラダに不調をきたす。という考え方です。

いわゆる”気体(気)”と”液体(血・水)”のバランスを治療した結果、”固体(身体)”の故障を取り除くと行った医学です。

ようするに”心を治療して、身体に及ぼす”ということですね。

ストレスの原因は精神(心)にあります。

ストレスを生じるストレッサーには大きく分けて以下の5種類があります。

① 物理的ストレッサー:温度、気圧、騒音など
② 生物的ストレッサー:ウイルス、痛み、疾病など
③ 化学的ストレッサー:アルコール、薬物、大気汚染物質など
④ 社会的ストレッサー:転居、死別、結婚、昇進、退職、事故など
⑤ 精神的ストレッサー:不安、怒り、緊張、焦りなど

そんな中でも、いわゆるストレスと言われているのは、不安、怒り、緊張などの精神的ストレスです。

ですので、心をリフレッシュすることが、より良いストレス解消になりえると言うわけです。

ということは、

”心を治療して、身体に及ぼす”東洋医学の治療方法が最も効果的なわけですね。

ストレスは身体に現れます。腸の弱い人なら下痢や便秘の持続、緊張しやすい人は頭痛や肩こり、アレルギー体質の人は蕁麻疹やアトピー性皮膚炎など、その人の弱いところにサインが出ます。また、飲酒や間食、タバコなどの量が増えるのもサインの一つです。

このようなサインが現れたら、無視したり、放置したりしないで、

「ああ・・・ストレスがたまっているのだなぁ~・・・」

と感知して、鍼灸マッサージ治療院に通いましょう。今までのリフレッシュ法とは全く違ったアプローチになるので、きっと、びっくりされることでしょう。

「もっと早く、鍼灸マッサージ治療院に行っておけばよかった・・・」という声を多く聞きますので・・・

 

脳髄は物を考える処に非ず

 

人体

引用:NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワークより

saved-iwataおはようございます。治療院コンシェルジュの岩田 真人です。

医学の最新の大発見”NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク”の放送がございました。以下は引用です。

今、医学の世界で、これまでの「人体観」を覆す、巨大なパラダイムシフトが起こりつつある。今までは、人体のイメージと言えば、「脳が全体の司令塔となり、他の臓器はそれに従う」というものだった。ところが最新科学は、その常識を覆した。なんと、「体中の臓器が互いに直接情報をやりとりすることで、私たちの体は成り立っている」そんな驚きの事実が明らかになってきた。

これを見て思いだしたのが、以前に夢中になって読破した、夢野 久作作の『ドグラ・マグラ』です!

ドグラマグラ

この奇妙なタイトル、そして、妖艶な表紙、そしてそして、この衝撃のキャッチフレーズ↓↓

『ドグラ・マグラ』は、天下の奇書です。これを読了した者は、数時間以内に、一度は精神に異常を来たす、と言われます。読者にいかなる事態が起こっても、それは、本書の幻魔怪奇の内容によるもので、責任は負いかねますので、あらかじめ御了承ください。=角川書店=

【読むと狂う?】日本三大奇書『ドグラ・マグラ』 – NAVER まとめ

いやはや素晴らしいコピーライティングでございます。

脳髄は物を考える処に非ず

この『ドグラ・マグラ』の中で、正木博士の”脳髄論”という学説が出てきます。それが、まさにこの”人体 神秘の巨大ネットワーク”の内容そのものって感じで驚愕しました。

【脳髄は物を考える処に非ず】
脳髄は「電話交感局」に相当する。つまり、人間の意識や感覚、そして思考といったものは全身の細胞それぞれが独自に行っており、脳髄というものはただ単純に、その細胞の意識や感覚を反射し交感する仲介機能を持つ存在に過ぎない・・・etc

1935年に刊行された、約80年前の作品でありますので、夢野 久作氏の洞察力や知恵には脱帽でございます。

いい意味で”脳を軽視してきた”東洋医学

しかし、この医学の大発見”人体 神秘の巨大ネットワーク”をなんと数千年も前から、唱えてきた学説がございます。それが、東洋医学の経絡学説です。

経絡の流れその生命エネルギーの流れを簡単に示したのが右図です。

① 「肺臓(陰)」と「大腸(陽)」手の人差し指で接続
② 「脾(膵)臓(陰)」と「胃(陽)」足の親指で接続
③ 「心臓(陰)」と「小腸(陽)」手の小指で接続
④ 「腎臓(陰)」と「膀胱(陽)」足の小指で接続
⑤ 「肝臓(陰)」と「胆のう(陽)」足の親指で接続
⑥ 「心包(陰)」と「三焦(陽)」手の薬指で接続

いわゆる、生命エネルギーは、六臓六腑の内臓を中心に巡るのです。

これを見て分かるように東洋医学では「内臓が中心」の考えであり、脳の存在は見当たりませんよね。そうなんです。なんと、数千年も前から中国の医師は、

”脳髄は物を考える処に非ず”

を発見していたのです。脳のみでなく、身体全体を俯瞰して考えていたのです。スゴイですね。古代の中国人は・・・

これから、更なる人体の巨大ネットワークが解明されるにつれ、鍼灸マッサージ治療も見直されていくことでしょう。いやはや楽しみですね。

 

追伸 ドグマ・マグラも見直されそうですね。読むと精神に異常を来たすとのことですので、ご注意です(笑)

 

石川県金沢市、白山市、内灘町、小松市、能美市で東洋医学での治療をお探しでしたら、治療院コンシェルジュをご活用ください。

1 / 912345...最後 »