あなたの症状やご要望にぴったりのあん摩マッサージ指圧・鍼灸治療を行っている国家資格治療院をお探しなら治療院コンシェルジュ!(対応地域:石川県)

対応エリア拡大中、石川県
お問い合わせ
0120-967-345
平日 9:00~19:00
治療院コンシェルジュからのご紹介で初回500割引き。(治療院につき一回限り、¥2000円以上の治療が対象)ご来院時に「治療院コンシェルジュから」とお伝え下さい。

マッサージやはりきゅうを受けたい人のための
コンシェルジュコラム

鍼灸院のかかり方⑥:診察 東洋医学的検査【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸院のかかり方⑥

p_nakada コラム用

おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

「鍼灸院のかかり方」について、以下のコラムを連載してきました。

鍼灸院のかかり方①:病気になったら・・・

鍼灸院のかかり方②:どこの鍼灸院にいく?

鍼灸院のかかり方③:受付では何をするの?

鍼灸院のかかり方④:問診

鍼灸院のかかり方⑤:診察 医学的検査

今回は”診察 東洋医学的検査”について書いてみたいと思います。

【東洋医学的検査】
体のバランスを全体的に見る。

東洋医学的検査法というのは、「望聞問切(ぼうぶんもんせつ)」といわれる古来から行われている検査法です。

昔は今のような血液検査や画像診断がありませんでした。先人たちはどうにかしてカラダの中の異常を捉えようと必死に患者さんを観察しました。

”望診”

「望」とは望診のこと、つまり現在の視診です。患者さんを見ることでカラダの状態を探ります。それは治療院に入ってくるところから始まります。姿勢、歩いている状態、顔色、お話をお伺いしている時の表情、眼の色、目ヂカラ、肌の色など。

”聞診”

「聞」とは音を聞く、においを嗅ぐことです。現代の聴診に当たるのでしょうが、聞診の場合、聴診器は使いません。静かに患者さんの横で呼吸音やお腹の音、関節を動かした時の音を聞き、体臭を嗅ぎ分けます。昔は便のにおいも参考にしていたそうですが今はしません。

”問診”

「問」は問診です。問診については、以前コラムで紹介しました。
鍼灸院のかかり方④:問診

”切診”

「切」は現在の触診です。昔は動脈を押さえて診察することを「切」といっていましたが、時代が新しくなるにつれ、脈診を含めた触診の意味となりました。ですから、お腹を触って内臓の状態を調べる腹診や経絡をさわってその状態を調べる事も含めます。現代医学的検査で行った筋肉を押さえて圧痛を調べることもこの内に入ります。

 

東洋医学的検査の特徴は、カラダのバランスのかたよりがわかることです。経絡のバランス、内臓のバランス、すべてのバランスが取れていることで健康が維持されます。

また、前後、左右、上下などカラダの場所のバランスも考える必要があります。よくあるのが冷えのぼせです。足が冷えて頭がのぼせた状態。病気ではありませんがつらい症状ですし、そのせいで頭痛や足の神経痛などの病気を起こす場合もあります。

そしてこれらの情報を整理して、鍼やお灸をするツボを選び、刺激の強さや鍼の深さ、お灸をすえる数を決めていきます。

治療の前に、必ず病気のことやカラダの状態、治療内容について先生から説明があります。しっかり聞いてわからないことは質問してください。また、質問は治療中いつでもしてください。納得して治療を受けて欲しいと願っています。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

鍼灸院のかかり方⑤:診察 医学的検査【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸院のかかり方⑤

p_nakada コラム用

おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

「鍼灸院のかかり方」について、以下のコラムを連載してきました。

鍼灸院のかかり方①:病気になったら・・・

鍼灸院のかかり方②:どこの鍼灸院にいく?

鍼灸院のかかり方③:受付では何をするの?

鍼灸院のかかり方④:問診

今回は”診察 医学的検査”について書いてみたいと思います。

問診が終わると次は身体所見を取ります。

鍼灸院では、病院のようにレントゲン撮影や血液検査はできないのですが、できる範囲での”医学的な検査”や”東洋医学的な検査”をおこない、身体の状態やどこに原因があるのかを探り、治療に役立てます。

それと共に、どのぐらいで治るのかなど「予後」を推測します。

【医学的検査】
どこに痛みなどの症状の原因があるのかを突き止める。

鍼灸院でできる医学的な検査は、視診、触診、理学検査です。

”視診、触診”

まずは患者さんの姿勢、顔色など見てわかる情報を調べます。そして、症状のあるところとそれに関係するところを触って確認します。筋肉の状態、皮膚の状態など。これらの検査は東洋医学的検査と通じるところがあります。

”理学検査、徒手検査”

そして、次に理学所見や徒手検査を行ないます。用いる器具はハンマー(検査用のものでゴムで出来ている)、触覚を確認する筆、関節の角度を調べる角度計、握力計などです。

これらの検査は病院では神経内科の医師や、リハビリの理学療法士も行う検査です。特に痛みやしびれ、麻痺の病気の際に役立ちます。

器具を使わず手を使ったり、患者さんに運動をしてもらって行う検査を徒手検査といいます。どんな格好や運動をすると痛みが出るのかなどを調べ、問題箇所を特定します。

例えば、臀部(おしり)から左足が痛いという患者さんの場合。

最悪の場合は腰椎や坐骨神経に問題があることが考えられます。腰部椎間板ヘルニアなどが原因です。神経に障害が起こって痛みを出していると考えられますから、理学検査や徒手検査である程度悪い箇所を特定できます。

問診の結果を踏まえて、どんな状態なのかがわかりますから、治療方針が決まります。もし、これらの検査で異常がなければその痛みは神経の問題はないか少ないと考えられます。

”圧痛検査”

次いで、筋肉や筋膜に問題がある場合を考え、筋肉を動かしたりストレッチしたりして痛みが出るかどうか、また指を使って圧迫して痛みの有無を調べます(圧痛検査)。

これは東洋医学的検査に通じる調べ方でもあります。そして全てを総合して治療方針を立てます。

 

これらの医学的検査の特徴は、原因となっている部位を特定し、予後が推測できることです。

問題が単一の場合、つまり一箇所だけが悪くなっている場合や、急性の病気、ぎっくり腰や寝違いなどの症状で判別するのに役立ちます。

この検査の特徴は、鍼灸治療で良くなるかどうか(もしかしたら鍼灸治療は不適応で専門医に紹介したほうが良いか)、鍼灸治療で改善が見込めるかなどの予後の判定にも役立ちます。

次回は【治療院のかかり方⑥:診察 東洋医学的検査】にて。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

防ぐ・治す・癒す三拍子の医療

 

d39da9209cb2068f2a09a543d68fbfe0_s

saved-iwataおはようございます。治療院コンシェルジュの岩田真人です。

9月に入りました。短い夏はもう終わりかと思うと少し寂しいですね。各地では、台風に悩まされて本当に大変なことになっており、あらためて自然の恐ろしさを痛感しております。これから、更なる台風シーズンになりますので、自然に畏敬の念を忘れずに、より一層の警戒が必要ですね。

そんな台風が地球の病気だとすると、人の病気も本当に恐ろしいものです。

そこで、大切なのが、

防ぐ・治す・癒すの三拍子の医療

です。

台風でいえば、大工さんや建設会社が医療者の立場になるでしょうか。

台風が耐えられる設計をしたり、メンテナンスしたり、台風で被害が出たらすぐに修理したり、被災者と共に被災地の復興に尽力したりすることになるでしょうか。

病院は「治す」ことのみで精一杯

病院では患者さんが溢れかえっているので「治す」ことのみで手一杯なってしまい、「防ぐ」こと、「癒す」ことが疎かになってしまっている現状があります。

ですので、「防ぐ=予防・メンテナンス、癒す=寄り添う」こと注力できずに、どんどん病人が増えている悪循環に陥ってしまっているのです。

鍼灸マッサージ治療院をうまく利用する

その点、鍼灸マッサージ治療院は、防ぐ・治す・癒すの三拍子がそろった医療機関です。ひどい病気にかかってしまった時のみに病院を利用し、日頃は鍼灸マッサージ治療院を上手に活用することが、一番賢い生き方です。

安心して生きるために、かかりつけの病院+かかりつけの鍼灸マッサージ治療院をしっかり持っておきましょうね。

鍼灸院のかかり方④:問診【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸院のかかり方④

p_nakada コラム用

おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

「鍼灸院のかかり方」について、以下のコラムを連載してきました。

鍼灸院のかかり方①:病気になったら・・・

鍼灸院のかかり方②:どこの鍼灸院にいく?

鍼灸院のかかり方③:受付では何をするの?

今回は”問診”について書いてみたいと思います。

治療院に訪れて、受付を済ましたら、次は問診となります。

まずは、治療室、または診察室に入って、先生(治療者)と対面することになります。

そこでは挨拶の後に「今日はどうされたのですか?」と声をかけられることでしょう。

問診の始まりです。

問診は基本的に、「いつ、どこで、どうやって、その症状が始まったのか?」をお伺いします。

その後、「その症状はどう推移したのか、病院にかかったのか」など、現在までの経過をお聞きします。

そして、「現在その症状はどんなときにひどくなるのか、例えば痛みなら動いた時か寝ていても痛いのか」など、具体的な生活の中での発生状況をお伺いして状態を探ります。「それは炎症があるのか、筋肉からくる痛みなのか」など、おおまかに病態を推察するために必要な情報を得るために行います。

これらの情報は治療方法の選択に重要となってきます。

続いて、「今回、鍼灸治療を受けようと思った病気以外に病気はないか、過去の病気について(既往歴)、ご家族の病気について(家族歴)」などをお伺いします。

これも現在の症状と関係があるかどうかを考えるための大事な情報です。

二人に一人ががんにかかる時代です。

最近、新たにがんにかかる人が初めて100万人を超えるとの予測を、国立がん研究センターが公表しました。

死亡者数の予測も過去最多を更新するとのこと。

国立がん研究センターは「がんは高齢者がかかりやすいため、高齢化に伴い増えている」としていますが、生活習慣の乱れから若い方にも増えていると考えられます。

鍼灸で神経痛を治療していて、市町村の検診でがんが見つかって入院となるケースも有ります。

その神経痛とがんとの因果関係は?もし、神経痛の治療中にがんの疑いがあったなら、神経痛どころの話ではありません。すぐに検査をすべきです。

お話を伺う中で、現在の症状と過去の病歴、家族歴に関係性が疑われる場合、それががんだったら以後の治療経過においてずっとそのことを考えながら治療していくことになります。

がんでなくとも命に関わる病気や、重篤な障害を残す病気が疑われれば、患者さんの将来に関わることですから放おってはおけません。

問診にはいろいろな意味があります。できることなら、包み隠さずお話していただけると助かります。

ぜひ、鍼灸院にかかる際の参考にして頂けますと幸いです。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

2 / 512345