あなたの症状やご要望にぴったりのあん摩マッサージ指圧・鍼灸治療を行っている国家資格治療院をお探しなら治療院コンシェルジュ!(対応地域:石川県)

対応エリア拡大中、石川県
お問い合わせ
0120-967-345
平日 9:00~19:00
治療院コンシェルジュからのご紹介で初回500割引き。(治療院につき一回限り、¥2000円以上の治療が対象)ご来院時に「治療院コンシェルジュから」とお伝え下さい。

マッサージやはりきゅうを受けたい人のための
コンシェルジュコラム

リーキーガット症候群ってなに?【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸なかだ治療院 コラム-1

p_nakada コラム用こんにちは。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。今回は、リーキーガット症候群についてです。

リーキーガット症候群???

先日富山で開催された研修会にオンラインで参加しました。講師は川並 弘樹先生。鍼灸師です。アメリカでご活躍後帰国して神奈川県で開業されています。先生はこの病気の専門家。食養生と鍼灸治療で対応しています。

このリーキーガット症候群は聞きなれない病名。リーキーとは漏れやすい、ガットは腸。失禁する病気ではありませんので念のため。排泄されるべき不要なものが腸の粘膜から体内に漏れ出てしまう病気です。腸管壁浸漏症候群、腸漏れ症候群と訳されています。

病気の機序は、
①日常生活の乱れ(ストレス・不眠・食事内容など)により
②腸内環境の乱れが起き
③慢性腸炎を引き起こし
④リーキーガット症候群が発生します。

リーキーガット症候群はそれだけではすみません。様々な慢性疾患を引き起こすとされています。大腸の異常として下痢や便秘、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、クローン病。自己免疫疾患の関節リウマチ、橋本病、乾癬。心の病であるうつ病などの気分障害、自閉症、発達障害。種々のアレルギーにも関与しています。

ではリーキーガット症候群を防止するにはどうしたらよいでしょうか。前述の病気の機序を見るとわかる通り、日常生活の乱れを整えることが最優先です。それに加えて食べ物を考えなければいけません。いったん炎症が起こった腸はお薬だけではおさまりません。腸を通過する食べ物を考えないと薬でよくなっても再発します。

腸に炎症を起こす食べ物はいっぱいあります。小麦に含まれるグルテンが最たるものです。テニスプレーヤーのジョコビッチがグルテン過敏症で試合に出られないことがありましたね。まさにリーキーガット症候群です。小麦だけでなく糖質の取りすぎは腸の炎症をひどくします。お米や砂糖、パン、パスタなどです。乳製品、人工甘味料や保存料もいけません。

腸の炎症は遅延型食物アレルギーとして起こります。このアレルギーは食べてから数時間から数日後に起こります。

諸悪の根源、リーキーガット症候群。治し方は上記の腸にダメージを与える食品を取り除くこと。腸に良い食物を食べること。サプリメントを使って腸を修復すること。プロバイオティクスで腸のバランスを整えること。特定のヨーグルトを摂って鍼灸治療も役に立ちます。

まだまだ一般的ではない病名ですがこれからクローズアップされてくるでしょう。

健康は腸から。すべての病気は腸からはじまります。汝は汝の食べたものからできている。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/
【鍼灸なかだ治療院チャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCpqbolfsuaNfi3JckRFcRFw

足の裏が痛い ~頑張りすぎてはいけません~【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸なかだ治療院 コラム-1

p_nakada コラム用こんにちは。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。今回は健康のために歩き出した人、走り出した人のお話です。

足の裏が痛い・・・

足の裏が痛いと言って鍼灸治療に来られます。そう頻度は高くないのですが歩くたびに痛いので大変です。足底腱膜炎(足底筋膜炎)です。足の裏、かかとから足の指にかけて張っている土踏まずにある腱膜が炎症を起こして痛みを出します。

ほっておくと炎症が長引いてカルシウム沈着を起こして、かかとの骨のところにトゲができてそれがまた痛みを起こします。

症状としては歩行時痛が主です。朝ベッドから起きて歩き出すときに痛い、ランニングやウォーキングの際に痛いなどです。炎症が強いと安静時痛や夜間痛(寝ていて痛む)がおきます。また、足の裏を触ると熱を持っている場合は重症です。とにかく足を地面や床につくと痛い。

なりやすい人はランニングやウオーキングを始めて間もないのに一生懸命長距離を移動した人。競技では陸上やバレーボール、サッカーなど、踏み込んでジャンプすることが多いものがあげられます。体の状態でいうと偏平足、筋力が少ない、肥満傾向。活動から見ると固いコンクリートなどの上で仕事をし加えて冷える場所である、長時間の立ち仕事。それからシューズが古い、クッションが弱いなどが考えられます。

一つの原因で起こるというより、いくつかが重なって起きることが多いです。

治療はとにかく休むこと。足を休めて炎症を治します。病院にかかると消炎鎮痛剤のシップや飲み薬が出ます。結局、使い痛み症候群(オーバーユース症候群)です。

足底腱膜炎(足底筋膜炎)に対する鍼灸について

鍼治療について、足の裏に鍼はしません。ふくらはぎのコリに鍼をしてふくらはぎを柔らかくします。 足底腱膜はアキレス腱でふくらはぎとつながっています。ふくらはぎをゆるめてあげることで、足の裏の緊張が緩みます。

また、高齢者の場合は体力低下が根本にあるので(肥満がある場合も)元気になるよう、全身の治療をすることもあります。

発症から時間がたっていると慢性炎症もしくは炎症後の後遺症のことがあるので、痛みがなくなるまでそれなりの時間がかかります。

お薬やシップに鍼を併用して早期に治してランニングやウオーキングができるようにしましょう。

健康のために運動をして体をこわす。なんだかなぁですね・・・

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/
【鍼灸なかだ治療院チャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCpqbolfsuaNfi3JckRFcRFw

新型コロナウイルスワクチン接種についてひとこと言わせてください【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸なかだ治療院 コラム-1

p_nakada コラム用こんにちは。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。新型コロナウイルスワクチン接種についてひとこと言わせてください。

ワクチン接種について鍼灸師として一言

このコラムを書いている5月19日時点で、すでにワクチン接種1回目を済ませたという患者さんがいらっしゃいました。

各自治体で高齢者のワクチン接種予約が始まり、電話がつながらない、ラインができない、そもそもインターネットはしていないのにどうしろというんだ、などの不満がテレビで報道されています。

もっともなことで高齢者はガラケーが主で、スマホ普及率は高くなってきてラインをしている方も増えていますが、それは家族間や仲間内のチャットであって、何かの申し込みに使ったことはないのがほとんどです。

孫やお子さんにしてもらえる人は少数です。ほとんどの高齢者が配偶者との2人暮らし。「じいさんや~」「ばあさんや~」と耳の遠い二人が呼び合う志村けんのコントがありましたが、ITに疎いのは仕方ありません。

おまけに自治体のシステムが役に立たないものを使っている、電話オペレーター数が十数人と明らかに少ないなど(ジャパネットをイメージしてたら大間違い)、自治体側の問題も浮き彫りになってきています。

東京や大阪では大規模接種会場を設置するとのことです。

石川県では羽咋市がコスモアイル羽咋に大規模?接種会場を設置し、先にそちらで接種を行い、そのあと持病のある方などがかかりつけ医で行うという、当たりまえで画期的な方法をとっています。

新潟県上越市も同様な感じでとのこと。

とりあえず接種の順番が取れた方にはお喜び申し上げます。健康で長生きして経済を回していただかなくてはなりません。

ワクチン接種と鍼灸師

さて、大規模接種会場ができたとして問題となるのは、接種を担当する医師の不足です。歯科医師が接種を行うようになってきていることですし、今後は薬剤師も担当するとのことです。

ここでどうして「鍼灸師」の名前が上がらないのでしょうか。国家資格です。毎日ハリを打っています。衛生環境下で清潔操作にて鍼が打てます。筋肉や血管の解剖学、生理学はちゃんと勉強しています。予期せぬ出血や迷走神経反射にも対応できます。コロナでヒマ(な治療院もあります)ですw。

全日本~師会など東京の大きな鍼灸団体の先生方は厚労省にアピールしたのでしょうか。すでに時遅しでしょうが・・・

鍼灸師という資格だけではだめとおっしゃるなら医師の監督の下ででもいいし、数十時間の講習を受けるという条件付きでもいいです。実際イギリスでは30時間の講習を受けた素人に注射させています。

もう亡くなりましたが、私の師匠(内科医)が言ってました。将来の鍼灸師はがんに直接抗がん剤を注射するぐらいの役目を担えと。病院の中で鍼灸治療をする傍ら、精細な技術を要する治療に携い、医学知識と細かな作業技術を持つ鍼の専門家になれと。

いつも思います・・・
「鍼灸は医療である」なんて言ってるけれど、医療と認められてないから医療だ!って叫んでるだけ・・・

「叫べども 叫べども こだまかえらぬ 水平線」  詠み人 つぼなかぢ

きっとこの後はリハビリの先生が注射打つ係になるんだろうなぁ。鍼灸はますますオワコンだわw。

【今日のまとめ】
鍼灸なかだ治療院は注射のオーダーが来たら対応します。来なければ日々の患者さんの治療に全力を尽くします。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/
【鍼灸なかだ治療院チャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCpqbolfsuaNfi3JckRFcRFw

腰部脊柱管狭窄症について思うこと【鍼灸なかだ治療院 コラム】

 

鍼灸なかだ治療院 コラム-1

p_nakada コラム用こんにちは。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。今回は、腰部脊柱管狭窄症について思うことについてです。

腰部脊柱管狭窄症について思うこと

10年ぐらい前からこの病気の診断を病院で受けて、経過が思わしくないからと鍼灸治療に訪れる高齢者が増えています。

この病気は腰部の脊柱管、つまり脊髄が通っている場所(脊柱管)が何らかの原因によって狭くなって症状が起こる馬尾型と脊柱管から左右に分かれた場所で狭窄される神経根型があります。

馬尾型の症状は両足の痛みやしびれ、神経根型は左右どちらかに症状が起こることが多いとされています。

鍼灸治療は神経根型に有効です。治療目的は痛み・しびれの軽減です。

過去、いろいろな鍼灸治療のやり方が提案されてきましたが、最近では通称「東大方式」が広まりつつあります。

これは東京大学附属病院リハビリテーション科鍼灸部門の粕谷大智先生が研究・実証されたハリのやり方で、低周波鍼通電療法を行います。

ハリをする場所は、足三里穴と陽陵泉穴、すねの外側(下腿外側)で、そこを低周波鍼通電器で刺激をします。そうすると腰部の血流が改善されます。狭窄部の神経や周辺組織への栄養が行き届くようになり痛みが改善するというわけです。

腰部脊柱管狭窄症は、外傷以外では高齢者に多い病気です。長生きするようになり罹病率が増えてきています。病院で年のせいといわれる状態です。

さて、ここからはちょっと私の印象を書いていこうと思います。

この病気になりやすい人の特徴として、腰をそっている人。

会社の社長さん(えっへん!)えらそうですね。

過去に妊娠出産経験のある女性。赤ちゃんがおなかにいる1年近く、どうしても腰をそって生活しますね。お母さんからおばあちゃんになって筋力が衰えることがこの病気のきっかけとなります。

そして、いつまでも健康で元気にいたいからと、胸を張って大股でウオーキングを続けていらっしゃる方。

胸を張って大股で歩いてはいけないの?

そうです。年をとったら腰をそらしてはいけません。

腰部脊柱管狭窄症は腰をそらすと症状がひどくなります。狭窄が強くなるからです。毎日胸を張って大股でウオーキングすると自然に腰がそります。テレビなどの健康番組では胸を張って手を大きく振って姿勢よく大股で歩きましょうと、若くてきれいなモデルさんが新緑美しいハイキングコースを、山ガール的いでたちで笑顔麗しく歩いています。

そりゃ高齢者は自分もそうなりたいと思うでしょう。

しかしそこにワナが!?

カラダは老化しています。若い人と同じようになんてしょせん無理なんです。それを理解しないとカラダはどんどん悪くなってきます。

では、高齢者はどんな歩き方がいいのでしょうか。軽く前屈した姿勢で小股で歩きます。スピードゆっくり。物足りないと思う方はウオーキングの1/3だけ速足で。

「なんだか年よりくさい歩き方だなぁ」と思われたあなたはお年寄りです。

私は55歳を過ぎたら歩き方を変えていかなければならないと考えています。

日本はますます高齢社会となります。何をしなくても長生きできる時代です。食事もよくなり、医療も充実し、健康に費やす時間も増えています。

健康でいるためにする運動が逆に不健康になってくるかも、と考えています。

何事もやりすぎや極端なのはよくありません。若くいたい気持ちはよくわかりますが、身の程をわきまえることも大事です。

鍼灸院では体の不調を治療で是正するほかに、やりすぎかどうかのアドバイスをしています。

結構、ご本人は当たり前と思っていることでもやりすぎていることがあります。スポーツでいうところのオーバーユース、使いすぎ症候群です。過度な練習を繰り返ししたために障害が発生することをそう言います。

気になる方は鍼灸師に相談するとよいでしょう。

腰部脊柱管狭窄症と使いすぎ症候群、そしてフレイルが高齢者の問題になることでしょう。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/
【鍼灸なかだ治療院チャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCpqbolfsuaNfi3JckRFcRFw

1 / 3612345...102030...最後 »