あなたの症状やご要望にぴったりのあん摩マッサージ指圧・鍼灸治療を行っている国家資格治療院をお探しなら治療院コンシェルジュ!(対応地域:石川県)

対応エリア拡大中、石川県
お問い合わせ
0120-967-345
平日 9:00~19:00
治療院コンシェルジュからのご紹介で初回500割引き。(治療院につき一回限り、¥2000円以上の治療が対象)ご来院時に「治療院コンシェルジュから」とお伝え下さい。

マッサージやはりきゅうを受けたい人のための
コンシェルジュコラム

あなたには「健康の伴走者」がいますか?

 

6d78e17ff0adf8ed89f9d13d6072487e_s

saved-iwataおはようございます。治療院コンシェルジュの岩田真人です。

いよいよ梅雨入りしましたね。今日もどんより曇り空です。そんな日は「なんだかやる気がでないなぁ~」なんてことも。

それは、東洋医学の根幹にある「自然と人は同調している(天人合一)」という考え方をみれば、気温や湿度の変化と体調の関係は因果関係になるので、梅雨の時期は、どうしても、心身の不調が起きて当たり前なのですね。

ですので、本当はちょっとペースダウンして、晴耕雨読(せいこううどく)のように、悠々自適の生活を送れれば良いのですが、現代社会はせかせかした、世知辛い社会ですので、そんな悠長に過ごせる人は少ないと思います。

どんなにやる気が出なくても、やるべきことは山積み・・・これが現実ですよね・・・

未病の状態と向き合うこと。

現在社会に生きている以上、自然との調和が崩れやすく、心身の不調はつきものになってしまいます。東洋医学では心身の不調を感じている状態を「未病」といいます。

病気になってしまい、長期休養を余儀なくされたり、最悪の場合には、重篤な病に侵されていた・・・という方のほとんどは「未病」の状態にしっかりと向き合わずに、無理をしてしまったからです。

ですので、如何に「未病の状態と日頃から向き合うようにしていくか」が重要になってきます。そうすれば、病院にかかるのも必要最低限で済むので、医療費も抑えられますし、検査や治療になが~い時間を取られることもないのです。

自分の合った「健康の伴走者」を見つけよう。

「未病」と向き合うといっても、自分一人では心もとないし、やり方もわからない・・・という方が多いと思います。

そんな時に「信頼できる健康の伴走者」を見つけておくことが重要です。

僕は、健康の伴走者として「地域の鍼灸マッサージ師をかかりつけにしておく」ことをおススメしております。

未病が感じたら、すぐに自分のカラダのことを良くわかっている鍼灸マッサージ治療院に診てもらう習慣を付けて、忙しくストレスフルな現代社会でも、逞しく、生き生きと元気に過ごせる健康状態を手に入れましょう。

Googleさんは鍼灸のことを全くわかっていない。

 

IMG_1900

saved-iwata

おはようございます。治療院コンシェルジュの岩田真人です。

先週末に久しぶりに東京に行ってきました。(写真は観光がてらにトップオブ大学を見てこようと、東京大学 安田講堂前で浮かれて撮った写真です(笑))

いつもは車での移動ですので、都会に行くとたくさん歩くので、本当に疲れました。田舎者のクセに運動不足・・・本末転倒ですね。

そんな普段と違った行動をすると、カラダのどこかに痛みが出る。って方、いらっしゃいませんか?

これは、もともと症状があるのですが、日常生活ではカラダが馴れてしまっているので発症していない「完治していないの症状」なのです。

僕の場合は、たくさん歩いたり、長時間立っていたりすると坐骨神経に沿った痛みや痺れが発症するケースがあるのですが、今回は発症してしまいましたので、「発症=治療効果を体感できるチャンス」ととらえて、東京の鍼灸治療院の偵察も兼ねて、治療に行ってみようと思い、インターネットで検索してみました。

ぴったりの鍼灸治療院が見つからない。

”最寄りの駅×鍼灸 ”や ”治療院×○○区””坐骨神経痛×最寄りの駅”などと検索するのですが、お金をより多く払ったり、営業力の強さで上位に上がるポータルサイトや無資格者のマッサージ店ばっかりが検索されて、まったく、行きたい治療院が見つかりません。

ポータルサイトで上位に表示されているもののほとんどはたくさんベッドを並べた資本力のある接骨院ですし、鍼灸を受けたいのに無資格者のマッサージ店は論外です。

Googleさんは鍼灸のことを全くわかっていない。

僕のようなこの業界に携わっている人間であれば、この検索結果が「なんじゃこりゃ!」となるわけですが、一般の方は、この検索結果を信じてしまうでしょう。

そして、

「なんだ・・・鍼灸やマッサージってこんなもんか」

となってしまうのです。

もちろん、上位検索された治療院が悪いわけではないのですが、そのつらい症状にぴったりの治療院かといえば、とてもそうではないでしょう。

鍼灸を受けた人の56%が「鍼灸に効果がなかった」という理由で今後は鍼灸を受療しない・・・

これは、明治国際医療大学の調査アンケートの結果です。折角鍼灸を受けて頂いたのに、半数以上の方がもう鍼灸を受けないという現状・・・

鍼灸マッサージ治療、東洋医学を広めることを使命している僕にとっては本当に残念なことです。

なんとか鍼灸マッサージの真価や得意分野などで、もっとも適した治療院が検索されるようになっていただきたいもです。

現状はやはりコーディネーターが必要だとあらためて感じた貴重な経験でした。

ぴったりの鍼灸マッサージ治療院さえわかれば、どれだけの方が救われるか・・・

得意分野の患者さんを治療させてもらえれば、どれだけ鍼灸マッサージの良さ、素晴らしさが広まるか・・・

これからも治療院コンシェルジュとして、しっかりと活動して参りたいと思います。

人間は軽量化された生き物!

 

顔ビフォーアフター

saved-iwataおはようございます。治療院コンシェルジュの岩田真人です。

昨日に引き続き、自虐ネタです(笑)。

左の写真は2011年の時で32歳のころです。そして右の写真が今朝自撮りしたものです。

うん!別人です。

32歳なのに40歳以上に見られ、暴飲暴食で不節制、体重は90kgオーバー・・・

本当に毎日体調も悪かったし、なぜかいつも眠たかったです(笑)

そんな僕でしたが、とあるきっかけでダイエット開始。今は見事に軽量化され、体調も万全であります。

ありがたや~。

当時はまだ若かったので、重篤な病気にはならずにすみましたが、もし、ダイエットをしなかったら間違えなく、生活習慣病になっていたでしょう・・・本当に良かったです。

人間は軽量化された生き物!

人間は瞬発力や戦闘力よりも、スタミナや知能を優先させた結果、骨格は軽量化が進み、それに合わせて筋肉も少なくなりました。ですので、

本来、人間は軽量化されていなければならないのです。

ということは、当時の僕のようなデブちんも、ボディービルダーのようなゴリゴリマッチョも本来性からは外れた状態になります。

但し、ただ軽量化されていてもダメなわけで、最も人間らしいのは、

「スマートだけどたくましく、さらに、しなやかな肉体」

ということになります。

ですので、ガリガリ、ガリクソンも本来性からは外れた状態になりますね。

本来性から外れれば外れるほど、バランスが崩れている状態になり、自然治癒力や免疫力が衰えます。

結果、いろいろな不定愁訴や病気が現れるのです。

「らしさ」が一番バランスの良い状態なのです。

弊社のミッションは、

鍼灸マッサージ治療、東洋医学を最大限に活かして、人体に与える不必要な悪影響を最小限に抑えます。そして、健康を医療に依存しすぎている現代人に警鐘を鳴らし、自分の健康は自分の力で守る、回復させるオーガニックな医療を推進します。

というものです。

これからも鍼灸マッサージ治療というオーガニックな医療を広めることで、「らしさ」を取り戻せるようお手伝いして参ります。

腰痛の95%は単なる筋肉痛です。

 

IMG_0031-2

saved-iwataおはようございます。治療院コンシェルジュの岩田真人です。

この写真は、今から約6年前、2010年に突然にぎっくり腰になって動けなくなった時に、自虐的に撮影したのものです(笑)

しかしデブってますね~。当時は体重も90kgくらいありましたので、ぎっくり腰になるのは必然ですね。

当時、動けなくなったのでなんとか病院に行き、診察してもらった結果・・・

「原因不明の腰痛ですね。単なるぎっくり腰でしょう。」

といわれ、シップ薬を処方してもらったのですが、1週間たっても2週間たっても全く痛みが取れず、

「こんなに痛いのに、単なるぎっくり腰のはずがない!」

と思い、再度受診。

「椎間板ヘルニアの可能性がありますので、MRIを撮りますか?」

とのことになり、早速MRI撮影。その結果、腰椎に”椎間板ヘルニア”が見られました。

「やっぱり、ヘルニアだったのか!」

と自分の腰痛が重篤だったこのに満足した記憶があります。

結果、手術を勧められましたが、手術は怖いので、1回だけ鍼治療をして、後はほおっておいたら自然に治ってしまいました。

うん???椎間板ヘルニアなら自然に治るのはおかしいのでは??

そうなんです。僕は確かに椎間板ヘルニアにはなっていたのですが、それと痛みがなくなるのは無関係だったのです。

椎間板ヘルニアについて、国際腰痛学会が腰痛を感じていない4,000人の腰をMRIで調べたところ、なんと76%の人に椎間板ヘルニアが見つかったというデーターがあります。

つまり、76%の人が椎間板ヘルニアがあるのにも関わらず、痛みを訴えていないということです。

また、90%は手術をしなくても自然に治るという報告もあるのです・・・今までの常識はなんだったのだろうって感じですね。

腰痛の95%は単なる筋肉痛です。

椎間板ヘルニア 、脊柱管狭窄症 、坐骨神経痛 、頸椎症 、椎間板症 、神経根症 、すべり症 、分離症 、肩関節周囲炎、腱板損傷、頸肩腕症候群、胸郭出口症候群、テニス肘、手根管症候群、肋間神経痛、変形性関節症、半月板障害、アキレス腱周囲炎、腱鞘炎、足底腱膜炎、シンスプリント・・・

これらの95%の痛みの原因は「筋肉痛=筋肉のスパズム(けいれん)」だと言われております。

筋肉痛って聞くと、なんか拍子抜けしますが、痛みのほとんどが筋肉が原因で起こるのです。

ということは、手術や投薬よりも筋肉の治療が得意な鍼灸やマッサージで治せる可能性が高いということなのです。

また、痛みは心理的な要素が大きいと言われています。

僕の場合は

「自分の痛くてつらい腰痛が”椎間板ヘルニア”という重篤な症状だった・・・」

という”自分への納得感”と、

「僕の痛みは大袈裟なのではない!」

という”周りから認められた”という満足感だけでほとんど治ってしまうのですから不思議なものです。

※逆に重篤な傷病ということで、心が病んでしまい悪化するケースもあります。

あなたのその椎間板ヘルニアを始めとするさまざまな傷病、手術をする前に、ぜひ、鍼灸マッサージ治療院を検討してみて下さい。意外に簡単に治ってしまうかもしれませんよ。

20 / 31« 先頭...10...1819202122...30...最後 »