あなたの症状やご要望にぴったりのあん摩マッサージ指圧・鍼灸治療を行っている国家資格治療院をお探しなら治療院コンシェルジュ!(対応地域:石川県)

対応エリア拡大中、石川県
お問い合わせ
0120-967-345
平日 9:00~19:00
治療院コンシェルジュからのご紹介で初回500割引き。(治療院につき一回限り、¥2000円以上の治療が対象)ご来院時に「治療院コンシェルジュから」とお伝え下さい。

マッサージやはりきゅうを受けたい人のための
コンシェルジュコラム

鍼灸なかだ治療院の症例報告 ケース⑧:産後の腰痛にはお灸が一番!(2)

 

症例報告⑧

p_nakada コラム用おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

「鍼灸なかだ治療院の症例報告」というテーマで、コラムを連載しております。(今までのコラム↓)

ケース①:寝違え

ケース②:産後の体力低下と抵抗力の低下

ケース③:膝の痛みで坐骨神経痛?

ケース④:腰方形筋について Vol.1

ケース⑤:腰方形筋について Vol.2

ケース⑥:腰方形筋について Vol.3

ケース⑦:その足の痛みはほんとに神経痛?

ケース⑧:産後の腰痛にはお灸が一番!(1)

前回に引き続き、今回は実際の症例をご紹介したいと思います。

ケース⑧:産後の腰痛にはお灸が一番!(2)

患者様:31歳 女性、主婦
主訴:左臀部痛

【現病歴】
20日前に第1子を出産後、2~3日して左のお尻が痛くなってきました。起き上がるときや寝返りする際が最も痛みます。立ち上がってしまえば歩くことはできますが、立ち上がる際に「ギクッ」っと痛みが来ます。けっこう激痛でしばらくは動くことができません。この20日間、痛みが軽くなったりすることはなく、授乳やオムツを替えるときに痛くてつらいとのことです。安静にしていると痛みはありませんが、ちょっと違和感があります。眠ってしまうと痛みはありませんが、夜間の授乳や赤ちゃんの鳴き声で目が覚めてからだを動かそうとすると大変痛いです。

【既往歴】
特にありません。

【家族歴】
特別なことはありません。

【身体所見】
身長165cm、体重53kg(妊娠中は60kg)、血圧113/76mmHg、脈拍70/分(整脈)

【生活状況】
食欲あり。一日3食キチンと食べます。睡眠は午後9時にお布団に入り、午前7時に起床します。その間3回授乳を行ないます。下痢や便秘はありません。

【腰痛の所見】
腰の運動をしてもらうと後屈と右側屈で左のお尻痛みが出ます。仰臥位にて股関節を動かしてもらうと、お尻の筋肉が動く際に痛みが出ます。仙腸関節に負荷をかけるテストをすると痛みが出ます。また、腰部椎間板ヘルニアなど神経の異常を疑う所見はありませんでした。両下肢に慢性的な冷えがありました。

【状態のまとめ】
出産後ということと、痛みの出ている場所や腰や股関節の動きから、仙腸関節性腰痛とそれに伴う中殿筋の筋肉痛を疑いました。
仙腸関節は骨盤を形作っている仙骨と腸骨のつなぎ目の関節をいいます。たくさんの靭帯で補強されていて、普段はガッチリつながってます。3~5mmというわずかな動きをしていて、体のバランスを取っています。肩の関節のようにぐるぐる回せるような関節ではありません。
妊娠すると赤ちゃんがおなかの中で大きくなるので、この仙腸関節も広がっていきます。妊娠中にリラキシンというホルモンが子宮を緩ませ、仙腸関節をつなぐ靭帯を緩ませることがわかっており、そのせいで腰痛や臀部痛が起こるのです。緩みをささえるためにお尻の筋肉が頑張り、筋肉痛を併発します。

【治療と方針】
鍼は筋肉の緊張を取ることが得意です。お灸は緩んだ筋肉を引き締める効果があります。両方を使って、凝ったところには鍼を、緩んだところにはお灸をしました。
左臀部の鍼は直径0.12mmのものを数本、3mmほどの深さで刺したままにして15分間休んでもらいます。お灸は台座灸というものを使いました。市販されているものではせんねん灸などの名称で知られています。これを仙腸関節のところに2ヶ所、火をつけて置き、熱くなったら取るということを2回繰り返しました。なるべく熱さを我慢してもらいました。

【経過】
初診の治療終了後、一番痛かったときを”10”として、後屈をしてもらったら治療後の痛みは”5”に減ってました。効果ありということで、ご自宅でお灸をしてもらうことにしました。2週間、3回の治療でほとんど痛みがなくなり終了しました。その間ご自宅で毎日お灸をしてもらいました。

【まとめ】

今回のお母さんのように、過去に腰痛の既往がなく、産後に起こった腰痛であれば早期の改善が見込めます。

妊娠前から続くのであれば、ほかの要因を考えなければいけません。そうなると治療期間がかかります。加えて赤ちゃんが大きくなれば抱っこやお世話で腰を酷使する機会も増え、腰痛はかんたんには治りません。

どんな病気もそうですが、早めの対処が近道です。周産期のお母さんは我慢せずにどんな症状でもお近くの鍼灸院に相談されるといいでしょう。治療中、赤ちゃんを見ていてくれる治療院もあります。それとご主人の協力が一番必要です。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

鍼灸なかだ治療院の症例報告 ケース⑧:産後の腰痛にはお灸が一番!(1)

 

症例報告⑧

p_nakada コラム用おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

「鍼灸なかだ治療院の症例報告」というテーマで、コラムを連載しております。(今までのコラム↓)

ケース①:寝違え

ケース②:産後の体力低下と抵抗力の低下

ケース③:膝の痛みで坐骨神経痛?

ケース④:腰方形筋について Vol.1

ケース⑤:腰方形筋について Vol.2

ケース⑥:腰方形筋について Vol.3

ケース⑦:その足の痛みはほんとに神経痛?

今回は産後の腰痛の事例をご紹介したいと思います。

ケース⑧:産後の腰痛にはお灸が一番!(1)

出産に伴う腰痛は、周産期のマイナートラブルで最も多い症状と言われています。

妊娠から出産後約1ヶ月の期間を周産期といいます。この時期、お母さんのからだには大きく変化します。そのためにいろいろな不快な症状が伴います。

つわり、産前産後の腰痛、抑うつ気分、緊張と不安、排尿トラブル、便秘、こむら返り、むくみなど。

授乳が始まるとおっぱいが出なくて胸が張って痛い、夜間の授乳で寝不足になり疲労感が取れないなど。それに加えて赤ちゃんの夜泣きや、おっぱいを飲んでくれないなど自分以外の心配事が増えて、ますます大変になります。

ご主人の協力が必要になりますが、得てしてオロオロになるか、ピントのずれたことをして混乱を招くことも(笑)

こういったマイナートラブルには鍼灸がよく聞きます。

もちろん鍼灸ではどうにもならない症状(ご主人の件)もありますが、赤ちゃんが大きくなれば解消される症状もあり、周産期という時期を鍼灸を使って乗り切ればいいのです。

鍼灸は痛みを軽減し、リラックスさせる効果がありますので、お薬を使えないこの時期にはぴったりです。

次回に紹介する症例のように、お家でご主人にお灸をしてもらえば、コストも軽減し、夫婦の愛情も深まります。

鍼灸は、だてに2,000年の歴史を語ってはいません。多くの、それは数え切れないほどのお母さんのお役に立ってきています。

ということで、金沢市の31歳女性、主婦の方の症例を次回にご紹介致します。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

鍼灸マッサージ師はみんなの応援団です!

 

474168

saved-iwataおはようございます。治療院コンシェルジュの岩田真人です。

秋ですね。秋の空気は澄み切っており、空が高~く見えます。そんな高い空を見上げていると、多くの支えに対する、感謝がこみ上げて参ります。

生きているって、本当に感謝の塊なんですね。

鍼灸マッサージ師はみんなの応援団

さて、手技や物療を用いた治療として国に質が担保され、国家資格として認められているのは、医師、理学療法士、作業療法士、看護士、柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師の8つですが、そんな中でも、病院ではなく、地域に密着しているのが、柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師になります。

また、柔道整復師は怪我などの急性疾患に特化した資格であり、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師は、さまざまな痛みから、日常生活における不眠、不安、胃痛、頭痛、疲労回復などの幅広い症状に対応する資格です。

そのような観点から、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師は、もっと身近な治療家であります。

治療家の目的は、

「専門知識や技術を用いて、患者様の不快を取り除き、元気に過ごしてもらうこと」

です。いわゆる、鍼灸マッサージ師はみんなの応援団なのです。

 

痛みが取れれば、また頑張れる。がんばれ~~!!

心地よいマッサージを受ければ、また頑張れる。がんばれ~~!!

不調や体調不良が解消されれば、また頑張れる。がんばれ~~!!

 

みんなが絶好調で頑張れることが、世界が、社会が良くなる一番のことです。地域の鍼灸マッサージ師があなたの下支えとなって、あなたの使命を全うするための帆走者となります。

鍼灸マッサージ師は、みんなの頑張りを応援します!

 

石川県金沢市、白山市、内灘町、小松市、能美市で鍼灸マッサージ院をお探しでしたら、治療院コンシェルジュをご活用ください。

伝統はエネルギー=鍼灸はエネルギー

 

IMG_5451

saved-iwataおはようございます。治療院コンシェルジュの岩田 真人です。

9/10(日)に地元の秋祭りに参加しました。豪華絢爛に飾り付けをされたお神輿に氏神様をのせて、たくさんの屈強な男たちによって担ぎ上げられ、町内を練り歩きます。

お祭りの定番ですね。

しかし、担ぎ手が多いこと、多いこと、このような伝統がしっかりと守られている地元に感銘を受けました。

「その地域の団結力や活性度は、その地域のお祭りや伝統を見ればわかる。」

というのは本当ですね。本当に素晴らしい町(石川県能美市寺井町)だと誇りに思いました。

伝統はエネルギーの塊

このようなお祭りもそうですが、いわゆる伝統って、多くの人々の応援の証だと思います。多くの人がこれを受け継ぎたい、守りたい、残したいと思うものですから。

その多くの人の応援がまさにエネルギーの塊です。ですので、伝統はエネルギーの塊ですね。

伝統医療である鍼灸

鍼灸(はりきゅう)治療は、数千年もの間、衰退することなく、人々の病気治療、健康管理に利用され続けております。

そういった意味で、鍼灸もまさに伝統ですね。

「伝統を守れたものは繁栄するが、伝統を失ったものは衰退する・・・」

伝統を守るということは、その内に秘められる多くの人の応援による強大なエネルギーを受け止められるかどうか?なのかもしれません。

ですので、エネルギーが枯渇した地域や人は、そのエネルギー受け止められずに衰退の一途をたどる・・・

僕は、鍼灸という伝統をしっかり、次世代に受け継げるように微力ですが、応援して行こうと思います。

エネルギーの塊である鍼灸治療の効果は、きっと、あなたの健康に大きく貢献し、あなたもきっと、鍼灸治療の応援団の一人になることでしょう。なったらいいなぁ~(笑)

石川県金沢市、白山市、内灘町、小松市、能美市で鍼灸院をお探しでしたら、治療院コンシェルジュをご活用ください。