あなたの症状やご要望にぴったりのあん摩マッサージ指圧・鍼灸治療を行っている国家資格治療院をお探しなら治療院コンシェルジュ!(対応地域:石川県)

対応エリア拡大中、石川県
お問い合わせ
0120-967-345
平日 9:00~19:00
治療院コンシェルジュからのご紹介で初回500割引き。(治療院につき一回限り、¥2000円以上の治療が対象)ご来院時に「治療院コンシェルジュから」とお伝え下さい。

マッサージやはりきゅうを受けたい人のための
コンシェルジュコラム

鍼灸なかだ治療院の症例報告 ケース⑦:その足の痛みはほんとに神経痛?

 

症例報告⑦

p_nakada コラム用おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

「鍼灸なかだ治療院の症例報告」というテーマで、コラムを連載しております。(今までのコラム↓)

ケース①:寝違え

ケース②:産後の体力低下と抵抗力の低下

ケース③:膝の痛みで坐骨神経痛?

ケース④:腰方形筋について Vol.1

ケース⑤:腰方形筋について Vol.2

ケース⑥:腰方形筋について Vol.3

今回は医療連携の事例をご紹介したいと思います。

ケース⑦:その足の痛みはほんとに神経痛?

73歳 男性 主訴:左下肢痛

数年前から腰痛で鍼灸治療にいらっしゃっている患者さんです。数日前から左足のふくらはぎの痛みがあるとおっしゃいます。その痛みは散歩のときだけで、安静時や睡眠時にはありません。

家事労働を行っても痛くないので日常生活に支障はなく、あまり気にしていなかったのですが今朝の散歩のときにいつもより痛みを強く感じたので相談されました。

いつも散歩は1時間ほど。朝4時頃から5時にかけて、近くの犀川沿いを歩きます。今の季節の4時はすでに明るく爽やかで気持ちが良いとのこと。私も見習わなければと思いつつ、4時は爆睡中です(笑)

さて、散歩をはじめて15分ほど経つと左のふくらはぎがじわじわと痛くなってきます。そのまま歩いていると痛みで歩けなくなります。立ち止まり一服するとまた歩けるようになるので、家に帰るまで数回の休憩を入れながら歩いています。

こんな日が数日続いたため散歩をするのが億劫になってきたとおっしゃいます。

鍼灸治療を継続しているため腰痛は落ち着いています。痛みはないわけではありませんが、治療を継続していれば日常生活に支障がないため、これも年のせいこんな状態で良しとしているわけです。

高齢者の痛み・体調不良は「足るを知る」「三平二満」がベスト。もちろん医療で血圧などの全身状態の管理をした上でです。

「過ぎたるは及ばざるが如し」。まだ治らん、まだ痛みが残っていると、しつこくやると結果的に悪化することがあります。

もちろん、我々治療家は痛みなどの症状がゼロになるように頑張って治療することはもちろんです。しかし、高齢者の退行性変性(いわゆる老化現象)はとどまることはありません。

老化現象が止まるということは、死を意味します。

こんな患者さんがいました。

80台後半の男性。不眠症で睡眠導入剤をかかりつけ医からもらっています。たまたまある夜にそれを飲んでも眠れなかった。

翌日、別の病院へ行き、眠れないと訴えて別の薬をもらいその晩飲んで床についたところ、寝たような寝てないような変な状態が一晩続き、朝方全身痙攣が起こり県立中央病院の救急を受診。

脳の検査に異常はなくそのまま帰されました。その日一日頭がフラフラしてどうしようもなかったそうです。お薬が強すぎたのか合わなかったのか、恐ろしい目にあったとその患者さんは言っていました。

健康な成人なら一年のうちで数回眠れないことがあってもそれは病気ではないそうです。たまたまそんな日もあるようです。神経質な人は眠れないとお家一大事とばかりにあせってことを急ぎがちです。

いろいろと示唆に富んだお話ですが、今回の症例とは違うので本題に戻ります。

さて、くだんの男性。

腰痛に左下肢痛が加わり症状が増えたわけです。神経痛と考えられます。所見の取り直しをしました。一番疑わしい病気は腰部脊柱管狭窄症です。

お話の状況と一致します。歩行時の痛みはこの病気に特有な間欠跛行と考えられます。しかし、所見を取ると特徴的な兆候が見られません。

となると、次に疑わしいのは下肢閉塞性動脈硬化症です。

鼠径部(大腿動脈)、膝の裏(膝窩動脈)、足の甲(足背動脈)、くるぶしの内側(後脛骨動脈)の動脈を左右比較して触診したところ、左の膝の裏、足の甲、くるぶしの内側の動脈の脈がありません。ということは膝から下の動脈のどこかがつまっている可能性があります。

患者さんにはその旨ご説明し、いつもかかっている内科の医師にあて紹介状を書いて受診するようお話しました。

数日後、医師からの返書を持って患者さんが訪れました。

検査の結果、指摘の通り左下肢閉塞性動脈硬化症とのこと。県立中央病院にてバイパス手術を行うことになりました。

下肢閉塞性動脈硬化症(以下、ASOと略します)は、足の血管が動脈硬化を起こし細くなったりつまったりして起こる病気です。血流が悪くなるので歩行時に痛みやしびれを足に起こします。進行すれば安静にしていても痛みやしびれが出ます。もっと進行すると血流が途絶えるため、足の指が壊死を起こします。

この患者さんは歩行時の痛みを訴えていますから、軽症の部類に入ると思われますが、バイパス手術を勧められているので保存療法では改善が見込めないのかもしれません。

保存療法は、生活習慣の改善と高血圧や動脈硬化などの基礎疾患の治療、運動療法が一般的です。

運動療法はとにかく歩くこと。痛くても歩く。30分を3回に分けて歩くのが良いそうです。そうすると詰まった動脈の横の細い動脈がどんどん太くなって側副血行路ができるようになり血液の交通が確保されます。

鍼治療でも側副血行路促進が研究で確認されています(注1)(注2)。

ではなぜ鍼治療で対応せずに病院へ紹介したのでしょう。

一つには鍼治療だと効果が出るまで数ヶ月かかり、その間患者さんは痛い思いをし続けなければなりません。バイパス手術だとせいぜい1週間程度で退院して、痛みのない日常生活をおくれるようになります。

二つ目は患者さんの命を預かっているのは鍼灸師ではなく主治医であるかかりつけ医です。患者さんの情報は、かかりつけ医に報告し、治療については最もふさわしいものを選択しなければなりません。

鍼灸は今までこのような医療との連携をあまりしてこなかったように思います。

大切なことは、患者さんが不利益を被らないこと。

医療と連携し、知識と技術を総動員して最もふさわしい選択を提供します。

この患者さんは無事手術を終え、現在も毎朝の散歩をし、腰痛で鍼治療に来ています。患者さんから感謝されたのはもちろんですが、かかりつけ医から褒められたことも大変嬉しかったです。

注1:「鍼灸治療を行った閉塞性動脈硬化症1症例における治療経験」 
注2:「鍼で血管が新生される」

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

鍼灸なかだ治療院の症例報告 ケース⑥:腰方形筋について Vol.3

 

症例報告⑥

p_nakada コラム用おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

「鍼灸なかだ治療院の症例報告」というテーマで、コラムを連載しております。(今までのコラム↓)

ケース①:寝違え

ケース②:産後の体力低下と抵抗力の低下

ケース③:膝の痛みで坐骨神経痛?

ケース④:腰方形筋について Vol.1

ケース⑤:腰方形筋について Vol.2

今回も”腰方形筋に関連するの症例”をご紹介したいと思います。

medically accurate muscle illustration of the quadratus lumborum腰方形筋は、脊柱の安定性に重要な役割があり、姿勢保持に大きく影響する筋肉の1つです。腰方形筋は左右の対象に付着する筋肉のため、どちらの筋肉が硬くなったり(筋硬結)筋肉の弱くなる(弱化)と骨盤の左右の高さの差が生まれてしまうなど骨盤の傾きを引き起こし、腰痛などの原因になることがあります。

また、腰方形筋の筋力低下や萎縮が起こると骨・関節・椎間板への影響をきたすこともわかってきています。

腰方形筋に関連する症例③

74歳、男性、主訴は腰臀部痛。

<所見>

自営業、中肉中背で仕事柄立ち仕事が多く、やや中腰で作業を続けることがもっぱらとのこと。

1年前に腹部の手術をしてから余計に腰が痛くなりました。腹筋が弱くなって腰の負担が増えたんでしょう。

年齢的に筋力低下が起こる年頃にも関わらず、中腰での仕事を続けているわけで、筋疲労も相当なものと推測されました。

姿勢を見ると、膝が軽度屈曲位で腰椎の前湾が減少し、下腹を軽く前に突き出し、アゴが上がって前に出た状態、つまりおじいちゃんの格好になっています。

この姿勢が一番楽な格好で、あえて”気を付け”の姿勢を取ると、しばらくで腰とお尻が痛くなります。

理学所見上、いろいろ問題はありましたが腰部の問題というより既往歴にある病気によるものと考えられたので、まずは腰臀部痛の軽減を優先することにし、病気の探索は医療機関に任せることにしました。

<治療>

触診して見ると、やはり腰方形筋に大きなコリがありました。

腰方形筋は腰椎の肋骨突起に付着しているので、この部位を探るとコリと圧痛を見つけることができます。

見つかると強く押したくなるのが治療者魂かもしれませんが、そこはガマン。

ゆっくりと鍼を刺入し置鍼します。

この方の場合は置鍼の前に雀啄(じゃくたく)という手技を行ないました。雀啄(じゃくたく)とは、一定の深さまで刺入してから、雀が啄む(ついばむ)ように鍼を進めたり戻したりする方法です。

コリの表面を鍼でこするようにすると、患者さんはいつもの痛いところに響いて大変気持ちが良いと満足げに話してくれました。

置鍼中は寝ていたようです。

終了後に体を動かしてもらうと、痛みが軽くなり楽に体が動かせます。

慢性腰痛ですので、いっぺんにすべて取りきることはできません。

腰以外にも問題があるのが高齢者です。通院をしてもらうことになりました。

後日、お電話にて治療後久しぶりに洗車をし、草むしりもした。すごく楽でいろいろできて嬉しかったとのことでした。家の人にやりすぎだと叱られたと言っておりました。

高齢者の慢性腰痛は治りはしませんが楽に生活できるようになることもあります。大変素晴らしいことです。

 

<最後に>

腰痛を起こす筋肉は腰方形筋以外にもいろいろあります。複数の場合もあります。悪いところをよく見極めることが大切です。

また、社会的、習慣的な要素も見逃せません。

特に慢性の場合は、特定の筋肉の障害と同じぐらい社会的背景や習慣が問題となり、なかなか改善しない場合があります。

そんな場合は気長にあきらめず、必ず良くなると信じて治療や運動などを続けていくことと、気持ちを切り替え、習慣を見直し、痛みの悪循環を断ち切ることが大事です。

痛いこと、悪いことばかり目を向けず、良くなったこと、楽になったことに目を向け、カラダに感謝といたわりの気持ちを持つことが大事です。

最後はスピリチュアルなお話になってしまいました。一人でも多くの腰痛患者さんが楽になるよう鍼灸という手段で貢献したいと思います。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

鍼灸なかだ治療院の症例報告 ケース⑤:腰方形筋について Vol.2

 

症例報告⑤

p_nakada コラム用おはようございます。金沢市松村1丁目の【鍼灸なかだ治療院】の中田 和宏です。

「鍼灸なかだ治療院の症例報告」というテーマで、コラムを連載しております。(今までのコラム↓)

ケース①:寝違え

ケース②:産後の体力低下と抵抗力の低下

ケース③:膝の痛みで坐骨神経痛?

ケース④:腰方形筋について Vol.1

今回も”腰方形筋について”の症例をご紹介したいと思います。

medically accurate muscle illustration of the quadratus lumborum腰方形筋は、脊柱の安定性に重要な役割があり、姿勢保持に大きく影響する筋肉の1つです。腰方形筋は左右の対象に付着する筋肉のため、どちらの筋肉が硬くなったり(筋硬結)筋肉の弱くなる(弱化)と骨盤の左右の高さの差が生まれてしまうなど骨盤の傾きを引き起こし、腰痛などの原因になることがあります。

また、腰方形筋の筋力低下や萎縮が起こると骨・関節・椎間板への影響をきたすこともわかってきています。

腰方形筋に関連する症例②

42歳、男性、主訴は慢性腰痛。

事務職たまに重量物を持つ作業あり、中肉中背で慢性的な腰痛を訴え受診しました。

腰痛の既往は数年前からで、発症に思い当たる原因がありません。

慢性化した原因は仕事中での姿勢や不自然な格好での就寝など、姿勢の問題が考えられました。

日中、常に腰痛を自覚しており、デスクワーク中でも痛みがあるとのことでした。夜間就寝中の痛みはありません。

体を動かしてもらうと、後屈で痛みが出ました。他の動作に問題はありません。

理学所見に問題なく、腰部の触診をすると腰方形筋に強いコリと圧痛を認めました。

コリの表面に鍼を当てるように斜めに約3cm刺入し、筋肉の「ピクッ」とした収縮を触知したところで15分置鍼しました。

この方の腰方形筋のコリは一か所ではなく片方に三ヶ所ずつありましたので同様に置鍼をしました。

抜鍼して後屈をしてもらったところ、痛みはなくなっていました。

しかし、慢性腰痛ですので睡眠のとり方やデスクワークでの姿勢、腰方形筋のストレッチや筋トレ法、仕事中に痛みを感じたときの対処法などをお話して、通院してもらうことになりました。

 

次回も腰方形筋に関するの症例をご報告します。

 

rogo700

 


住所:金沢市松村1丁目36番地 マーヴェラス松村1F

電話:076-267-6989
http://www.ahk-concierge.com/ahk/shinkyu-nakada/

何でもかんでも病院にいくのは止めましょう。

 

078c1f05284a057394976db731de5428_s

saved-iwataおはようございます。治療院コンシェルジュの岩田真人です。

先日、知人のお見舞いに病院に行ってきました。病院内の人が多いこと多いこと。駐車場もやっとのことで停められましたし、受付にも人がいっぱい、待合室にも人がいっぱい・・・。

なんでもかんでも病院なのですね・・・

日本の医療費の自己負担は世界に比べ、非常に安価ですし、健康保険制度以外にもいろいろは優遇処置があるので、病院に足を運びやすい環境にあります。

そうなると、なんでもかんでも病院に行く人が増え、どんどんどんどん医療費が膨れ上がります。ご存知のとおり、この医療費には、多額の税金が投入されていますので、この悪循環を断ち切らない限り、日本の未来はありません。

本来、病院は高度は医療が受けられる特別な聖域であるはずです。

自分ではどうにもこうにもならない症状や、緊急性を要する怪我などの場合に、高度な医療技術が必要になるでしょうが、

ちょっと風邪をこじらせた??・・・ゆっくり休んで下さい。

腰が痛い??・・・治療院に自費で通って下さい。

転んで足を擦りむいた??・・・消毒して絆創膏でも貼っといて下さい。

口内炎が痛い??・・・我慢して下さい。

病院の治療は本来は超高額な治療です。もし、100%自己負担であったなら、上記のような自分でなんとかなるものに、高額な治療費を払う人はまずいないでしょう。

限りある医療費ですので、今までのように簡単に病院に通うことが出来なくなる日はそう遠くないと思います。

今後、日本国民一人一人が、しっかり養生する生活を行い、どうしても気になる症状の場合には、すぐに病院に頼るのではなく、代替医療や伝統医療などの自然治癒力を活かす医療を活用する生活にシフトチェンジすることが必要になってきます。

そういった意味でも、地域に密着した伝統医療である、鍼灸やマッサージといった治療の役割が大切になってくると感じております。

セルフケア&鍼灸マッサージ治療で健康作り!

これが、僕が思う次世代の健康・快適ライフですね。